起源の光・終焉の闇事前評価比較

時空転生ローテーション環境は新リーダーのネメシスは早々に戦線離脱し、ちょくちょく一部の熱狂的なファンによる研究で戦えるデッキにはなっていましたが、終ぞ高Tierに現れることはありませんでした。一方、ネメシス以外では主だった新カードの活躍も少なく、ローテ落ちの影響が少なく、僅かな恵みを活かしたアーキタイプが活躍していましたが、バハムートがナーフされると自分のアミュレットを破壊しない効果を悪用した無謀ドラゴンや峡谷ドラゴンが元気よく暴れまわり、ナーフ前から元気一杯だった秘術ウィッチ、ミッドレンジネクロ、ドロシーウィッチと仲良く傍若無人な振舞いを行いました。
一方、アンリミテッドでは制限カードによってパワーを落とされながらもアグロ、アグロメタ、超越がメタの三角関係を築きつつグルグル回っていました。

時空転生環境の振り返りはこんな感じですかね。今回もメンテ中の暇潰しの種として、時空転生の新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめていますので、詳細はこちらでご覧になってください。
なお、強豪プレイヤー有志による新カード評価はこんな感じだったようです。

さて、実際に評価比較への移っていきたいと思うわけですが、サイトごとに評価基準は異なるかと思いますが、私の基準は概ね

S評価:Tier1、Tier2級のパワーを持ったデッキの核になる、またはTier上位級のデッキ複数で頻繁に積まれることが予想されるカード。
A評価:キーカードではないもののTier上位の何かしらのデッキにおいて常連になることが予想されるカード。または、そこそこのコンセプトデッキのキーカード。
B+評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて実際にそこそこの比率で採用される可能性が高いと考えているカード。またはおもちゃの主原料。
B-評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて採用選択肢には入ってくるかもしれないが、実際に採用される可能性は低いと考えているカード。
C評価:まともなデッキに入ってくるとは思えないが、そのカードを出すことで解決する場面が存在すると思っているカード。
D評価:勝率を上げたいなら絶対にデッキインすべきではないと思っているカード。

のようになっています。
今回、新弾評価が終わっているサイトは下記の攻略サイトだったので、比較するサイトは

GAME BOX
GameWith
アルテマ

となっていますが、加えて全カード考察を行ったミチタさん(@michita_sv)のブログも加えて比較考察していきます。
ちなみにS評価の数は

GAME BOX ローテーション:10 アンリミテッド:6
GameWith ローテーション:6 アンリミテッド:1
アルテマ ローテーション:5 アンリミテッド:4
ミチタ ローテーション:8 アンリミテッド:5

となっています。今回は97枚と新弾が少なめだったこともありますが、甘め評価が多いGAME BOXも、前回最もSが多かったミチタさんもそこそこ数が少なめです。
GameWithさん、アルテマさんはいつも通りTier1の中心カードをS評価して絞っている印象です。

ちなみに、比較前に少し各リーダーへの私なりのローテ所感を述べておくと、

ロイヤル:ミッドレンジも援護射撃も強そう。
エルフ:アグロ、ミッドレンジ、ニュートラル全部強そう。
ウィッチ:ギガキマ、秘術、マナリア全部強そう。
ドラゴン:ランプと原初ともにチャンスは感じる。
ヴァンパイア:復讐ヴァンプは相変わらずある程度は強そう。それ以外だとコントロールワンチャン?
ネメシス:人形軸がオーキス加入で人権。でもオーキスだけじゃ明らかにパワー不足だからプライムアーティファクトあたりとの混合?何も貰ってないアーティファクトネメシスの方が処理の相対価値上昇で実は強そう。
ビショップ:聖獅子…いや、そんなものは無かった。何も貰ってなくてしんどいけど、ヘヴンリーナイトが相対的に強くなってワンチャン?
ネクロ:それなりに貰ったけど、失ったものが大きすぎて嘔吐してそう。リアニメイトがワンチャンあるかもしれないけど、流石に冬の予感。

と考えています。上から順にリーダー単位で見た評価です。正直、ロイヤル、エルフ、ウィッチあたりは全部強そうな上相性関係が複雑で何が流行るかで環境変わりそうなので「Tier1は絶対にこれ!」とは言いにくそうとは思っていますが、強いて言うならミッドレンジロイヤルは安定感が高そうで評価してます。

さて、ここまでで大体私に認識はオープンにしたので、いよいよ評価の差が大きかったカードを見て行こうと思います。私のローテーションでの評価が高い順に並べていきます。
なお、基本的には2段階以上差がついているカードを中心に取り上げますが、SとAの場合、明らかに差がついているケースが存在しますので、それは取り上げます。例えばアルテマさんのローテS評価とGAME BOXのローテA評価には実質2段階ぐらい差があったりとか。

イノセントプリンセス・プリム

ローテーション
GAME BOX S
GameWith C
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith C
アルテマ C
ミチタ A

初っ端から全面戦争となっています。あるじ、ミチタ組は高評価、GameWith、アルテマ組は低評価となっています。このカードは強豪評価でもかなり割れていたカードでしたね。
私はこのカードの存在がなければロイヤル推しに踏み切らなかったぐらいの推しカードで、私的ローテーション評価ランキング堂々の1位です。
低コストのヤバいカードはヤバいということで、このカードのヤバさを実証したいので初日から研究してドヤ準備したいところです。

ホワイトヴァナラ

ローテーション
GAME BOX S
GameWith B
アルテマ A
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX S
GameWith A
アルテマ A
ミチタB

GAME BOX以外は一歩引いた評価をしています。
GameWithさんはローテーションよりアンリミテッドの方が使える評価を、ミチタさんは逆にアンリミテッドよりローテーションの方が使える評価をしています。
アルテマさんはどっちも同じぐらいで「まぁ、強カードだよね」という感じの評価です。ただし、GameWithさんはアンリミテッドのSをセリアのみに絞っているので、A評価とはいえかなりの評価をしている可能性は高いです。
個人的にはローテーションでも壮絶に高評価ということでSを付けているのですが、アンリミテッドが本命だと思っていて、アンリミテッドの方は評価SSSSぐらい付けたい気持ちです。正直、アンリミテッドはエルフ一強なんじゃないかとまで思っています。私的アンリミテッド評価ランキングでは圧倒的な1位です。
アンリミテッドの方はまぁドヤ顔確実と思っているのですが、ローテーションでは可能な用途全てが強そうな一方で、どれも群を抜いた程の強さとは思っていないので、当たりが一つも出なくてA止まりB止まりだったらどうしよう、と少しだけ緊張しています。
いや、それでもセリアとどっち上にするか悩むぐらいのレベルではあって、私的ローテ評価ランキングでも2位のカードなんですけど。

月と太陽

ローテーション
GAME BOX S
GameWith C
アルテマ B
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ B
ミチタB

今回、なんか私の評価浮いてない??? 私的ローテ評価ランキング4位のカードなんですけど、これ(
アルテマさんはB評価ということでそんなに大して意識を払っていないのかもしれませんが、ローテアンリミで特に使い勝手変わらずの評価です。他を見ると基本的にはローテーションの方が使われるカードだという見解は一致していそうです。
強豪評価の方でも大荒れのカードでしたが、ここでも大荒れですね。
個人的にはニュートラルエルフで絶対強い以外に、キングスノーマンとのスペブインチキコンボなどもあって、明確に強い用途がはっきりあると考えているので、A未満のローテ評価に落ち着くことはあり得ないと思っています。故にドヤ顔準備モードです。ヘイヘイヘイщ(゚Д゚щ)カモンカモーン
アンリミテッドはB程度になる可能性もありそうだなぁと思いつつも結構やれるとは思っています。多分1点ダメージ、1点回復が過小評価されてると思うんですよねー。

白と黒の決闘

ローテーション
GAME BOX S
GameWith S
アルテマ A
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith A
アルテマ A
ミチタC

ローテーションに関してはGameWithさんは6枚しか付けていないSの一つを切っているという意味ではかなりの高評価ですが、全体的にSA評価しかなく、評価基準の違いなどによる齟齬レベルかもしれません。
一方、評価が割と割れているのはアンリミテッドで、GameWithさんとアルテマさんはアンリミテッドでもかなり強いと位置付けているのに対し、GAME BOXとミチタさんはアンリミテッドではイマイチと評価しているのが違いでしょう。恐らく、アンリミテッドにおけるミッドレンジロイヤルに対する評価の違いということになると思いますが、果たしてこれがどうなるかはちょっとした見物でしょうか。

天界の尖兵

ローテーション
GAME BOX S
GameWith B
アルテマ A
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ C
ミチタ A

このカードは無難に強くてローテは採点基準でSAで割れるかな程度に思っていましたが、GameWithさんはB評価を付けています。
ニュートラルデッキに採用しようと思ったらタルトマンか秩序のヴァルキリーかこいつぐらいしか無いと思うのですが、残り2つはさらに低評価。
ニュートラルデッキ自体がそんなにTier上位に入って来ないだろうという考え、と理解するのが良さそうでしょうか。月と太陽にも低評価を付けているところから一貫性がありますね。
一方でアンリミテッドにおいてはGameWithさん、アルテマさんが低評価、GAME BOXとミチタさんはそれなりに高評価となっています。アンリミテッドではほぼ積まれないカードになるのか、まぁまぁ積まれるカードになるのかというのも争点になりそうですね。

宿命の語り部・ルーニィ

ローテーション
GAME BOX S
GameWith S
アルテマ A
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ C
ミチタ C

ローテーションの評価はS評価の枚数からGameWithさんが特に評価しているようですが、基本的には全員高評価でコンセンサスだと言えそうです。
一方、アンリミテッドではGAME BOXではそこそこ評価しているのに対し、他は「ねぇよwww」という感じになっています。
私は超越ウィッチにピンで積むといい仕事をすると思っているので、最悪自分でルーニィ入り超越ウィッチ使って自己実現プランを虎視眈々と狙っております。
事前評価は自力で成就させるもの(

相反する息吹・ガルア

ローテーション
GAME BOX S
GameWith C
アルテマ B
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith D
アルテマ C
ミチタ B

まためっちゃ割れたwww
アンリミテッド評価に関しては全員大して評価してないで一致していますが、ローテ評価がハイパー割れています。
これに関しては私もS評価下位(なお、S評価内最下位はオーキスのつもり)で付けてはいますので、あるじ、ミチタ組が高評価、GameWith、アルテマ組が低評価と考えて良いでしょう。
私はこいつなしでランプドラゴンは機能しないと思っていますし、ランプドラゴンはアーティファクトネメシスと合わせてまともなAoEを持っている数少ないアーキタイプなので、Tier2以上ではガルアは常連になると見込んでいます。これに関してもかなり自信があるので、ドヤ材料が増えてホクホク気分の予定です。

ユグドラシル

ローテーション
GAME BOX A
GameWith A
アルテマ B
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX S
GameWith B
アルテマ A
ミチタ A

滅茶苦茶ややこしい評価の分かれ方してるカード。リリース後に絶対諸説カードって言われるわ、こいつ(
ローテーションに関してはミチタさんが特に高評価しているものの、GAME BOX、GameWithさんも高評価。特にGameWithさんはAランク筆頭カードに位置付けしているので、ほぼS評価ですね。アルテマさんのみ低めの評価となっています。
アンリミテッドではGAME BOXのみS評価で、アルテマさん、ミチタさんはそこそこの評価、GameWithさんは低めの評価となっています。
ローテに関しては私はホワイトヴァナラ推しなのでユグドラシルシナジーを持ったミッドレンジが結構やれると思ってユグドラシルを評価しているのですが、GameWithさんは単体パワーの高さを評価しており、ミチタさんは森羅の怒りでフェアリードラゴンが疾走を得ることを評価している模様。アルテマさんもフェアリードラゴン疾走を特筆していますが、そのコンボは軽視しているようです。
アンリミテッドでは、私はホワイトヴァナラシナジーを持つ中型バーストエルフを評価してのS評価ですが、GameWithさんは異形OTKなどのネタコンボのみの運用を想定しての低評価、アルテマさん、ミチタさんは純OTKエルフでの採用選択肢と考えてのA評価のようです。
これほど意図が錯綜したカードというのも今まで無かった気がしますが、評価自体もそうですが、誰が一番このカードのことを良く考えられていたのか、後から振り返って楽しみたいですね。このカード、これだけ想像が広がるカードということで新弾のカードで一番の良カードな気がします。

スカイフォートレス

ローテーション
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith E
アルテマ C
ミチタ C

アンリミテッドもGAME BOXだけ「ワンチャン?」ぐらいの判断をしていますが、B以下の評価は評価基準のブレが多く当てにならないので割愛。
ローテーションでGAME BOXとミチタさんは高評価しており、GameWithさんとアルテマさんは低評価しています。
これに関しては「アーサーとのシナジーならヴァルフリートの方が良くね?」という意見もありますが、シャドバ黎明期のガブリエルロイヤル使いの私から言わせると甘い甘いw
そもそもアーサーが引けるとは限らない上、1体でも場に残っていればバフ出来る点の強さ、そして何より本体の突進がクッソ強いという3点から勝ち終わった自信のある一枚。

ドラゴニックメイル・ギルヴァ

ローテーション
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith E
アルテマ D
ミチタ C

アンリミテッドではバーストダメージが出る相手が多いこともあり、軒並み低めの評価となっています。
一方でローテーション評価は割れており、GAME BOXとミチタさんはA評価、GameWithさんはD評価、アルテマさんはC評価となっています。
明確にハイリスクなカードではありますが、進化権が切れた状態で10点バーストしてくるのはネクロのアイシャぐらいで、意外と10点は耐えるという認識ではあります。
大体、遅めのターンに復讐ヴァンプがベルフェゴールを出すのと同じぐらいのリスクリターンになると思われるため、個人的にはかなりあり寄りで高評価を付けています。判断が難しいカードなので楽しそうですし、頑張って欲しい。

サモンサークル

ローテーション
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B-(C)
GameWith D
アルテマ D
ミチタ A

あんまり意見が割れると思ってなかったので驚いたカードです。
でも強豪評価も意外と割れてますね。大体みんなローテならA~B付けるカードだろうって思ってたけどそうでもなかった。
ローテ落ちで秘術ウィッチ自体はドワーフアルケミストは無くなりますが、大きなダメージはルーンの貫き以外にはないため、そこまで弱いデッキだと思っているわけではないでしょうから、秘術ウィッチにこのカードが積むべきと思っているか否かという差がモロに出た形でしょう。
ローテはそんな感じですが、ミチタさんはアンリミテッドでもカウント0でジャンクゴーレムが出る点を高く評価しており、高評価となっています。
思ったより諸説な雰囲気になってきているので、なかなか楽しみになってきました。

ナイトメアデビル

ローテーション
GAME BOX A
GameWith A
アルテマ B
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX S
GameWith A
アルテマ B
ミチタ S

ローテーションはそこまで変化なしですが、アンリミテッドでアルテマさんの低評価が目立ちます。
ただ、アルテマさんはアンリミテッドで闇夜の姫・ヴァンピィにS評価を付けており、アグロヴァンパイアより大きく復讐ヴァンパイアを評価しています。
ナイトメアデビルは復讐ヴァンパイアではそこまで必須とカウントされるカードではないため、一貫した評価だと言えそうですね。

闇夜の姫・ヴァンピィ

ローテーション
GAME BOX A
GameWith S
アルテマ S
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith C
アルテマ S
ミチタ B

ローテーション評価は一見するとそんなに割れていないように見えますが、GAME BOXとミチタさんは比較的S評価を多めに付けており、GameWithさんとアルテマさんはS評価を絞っているため、見た目以上に隔たりがあります。
GameWithさんとアルテマさんはともに復讐ヴァンパイアでの利用を想定しており、エメラダに繋ぐまでの6コストのカードとして申し分ないという評価をしていました。そして、このS評価絞りから言ってTier1ないしその付近に闇夜の姫・ヴァンピィ入りの復讐ヴァンパイアが君臨するだろうという読みをしていると言えます。
一方、GAME BOXとミチタさんはせいぜいTier2止まり、Tier3以下ぐらいじゃない?ぐらいに考えていると言えそうです。
個人的にはローテで闇夜の姫・ヴァンピィが暴れるとしたら復讐ヴァンパイアではなくコントロールヴァンパイアだと思っており、そっちが炸裂するのがちょっと怖いと思っていたりはします。
また、アンリミテッドでも評価が大きく割れており、アルテマさんはアンリミテッドの復讐ヴァンパイアでも闇夜の姫・ヴァンピィはかなりイケると考えており、高Tierでの採用を予想していました。他の評価者は「アンリミテッドではちょっと…」という見解で一致しているので、これがどうなるか、要注視ですね。

永劫を求む者・ケリドウェン

ローテーション
GAME BOX A
GameWith A
アルテマ S
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ S
ミチタ B

ローテーション評価はそんなに割れていないように見えますが、実のところ明確にGAME BOXは低評価を付けています。
アルテマさんは5枚しかないS評価を切っていますので、かなり本命に据えていることが解ります。ミチタさんは「Tier上位デッキのキーカード」と書いてありますが、考察の熱量から予想するにS評価の本命とまでは行かないでしょうか。GameWithさんはランキングを見るにA評価中位に位置させているので、GAME BOX同様かなり低めの評価と言えそうです。
正直、永劫を求む者・ケリドウェン自体がパワーカードであることは見れば解るので、低評価を付けるのにも割と意図が要るカードとなっており、GAME BOX、GameWithさんは「強いけど、ネクロでしょ?Tier上位は無理だよ」と言っており、アルテマさんとミチタさんは「いや、ケリドがいる、ネクロはやれるんや」と言っていると解釈出来ます。
ネクロというリーダーがローテーションで冬を迎えるのか否かという判断の差が見えて取れており、意外と火花が散っています。

また、アンリミテッドの評価も大きく差がついており、アルテマさんは「アンリミテッドでも天下取る」ぐらいの評価、GAME BOXはアンリミテッドで「新ケリド入れたアーキタイプは結構やれると思ってるんだよね」ぐらいの評価、ミチタさんは「いやー、前のケリドあるからこれは特に要らんっしょ?まぁ、入れてもいいとは思うけど」ぐらいの評価、GameWithさんは「いや、ないないwww5コストケリドでお腹いっぱいっすw」と思ってるのかと思ったら、個別解説ページでは「骸ネクロやリアニメイトネクロと相性の良い1枚。構築に大きな変化を及ぼさずに採用することができるため、見かけることは多いだろう。」って書いてあってちょっと謎でした。まぁ、ミチタさんと同じぐらいの評価ですかね?

ともあれ、大戦争を巻き起こしている1枚と言え、反省会が楽しみですね。

常闇の梟

ローテーション
GAME BOX A
GameWith B
アルテマ B
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX S
GameWith B
アルテマ B
ミチタ A

ローテーションはそこまで大きな開きは無いですが、アンリミテッドではGAME BOXのみSとかなり強気の評価を付けています。
…と言いたいところですが、その前にアルテマさん、なんでケリドの評価Sなのにこいつのローテ評価Bなん?という突っ込みは不可避かなと思いました(
アンリミテッドにおいては尖った評価をした自分の方から解説した方が良いと思うんですが、うん、みんな絶対葬送骸ゼウスでユリウス殺したくなった回数が足りない
このカードのユリウスへの殺意だけで愛着が沸きますよ??
とまぁ、ユリウスに対して強く出られる点も素晴らしいのですが、アンリミテッドネクロは5コスケリドウェンを上手く使ってナンボだと思ってるので、流石に高評価しています。アグロとかアグロメタとかとは一線以上画したメタの関係上解りにくいところにいるデッキですが、パワーの高さは折り紙付きなのでアンリミテッドの高Tierに必ず君臨すると思っています。
これもドヤる準備はOK系案件ですね。

ホーリーナイトベア

ローテーション
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ A
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith E
アルテマ A
ミチタ A

評価割れると思ってなかったカードです。
個別考察ページを見るとエンハンスが邪魔になることがあるというのだけがネガティブな内容でしたが、先出し後出しが関わってくるのがエンハンス絡みだけなので、このカードに限れば邪魔になることは少なく、メリット運用出来ることの方が圧倒的に多いような。
敢えて低評価を付ける理由もない気がしますし、何かのミスかも。

歴史を知る者

ローテーション
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ B
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX B
GameWith C
アルテマ B
ミチタ A

かなり評価の分かれたカードです。
GameWithさんとアルテマさんは使われないだろう想定で特に強い想いはなさそうでした。GAME BOXではアーティファクトネメシスにいれたらプライムアーティファクトは邪魔になることの方が多いと判断し、どちらかというと操り人形との混成などアーティファクト少なめデッキでの運用を想定していますが、ミチタさんの方ではアーティファクトネメシスの基本カードの一つになるという判断での高評価のようです。
評価のポイントはプライムアーティファクトがどのような使われ方をするのか、はたまたほぼ使われないのかという形になりそうです。

マナリアの竜術師

ローテーション
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ D
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX B-(C)
GameWith D
アルテマ C
ミチタ C

アンリミテッドは全員低評価で一致しましたが、ローテーションがそこそこ使える派と論外派に分かれました。
ミチタさんが低評価付けてたら「あんなにマナリア大好きだったミチタさんはどこに行ったんですか!」と煽り上げようと思っていたのですが、高評価で残念安心しましたw
ウィッチのアーキタイプは正直全部強いと思ってて、一番マイナーなマナリアは掘り起こさないと低Tierでウロウロしそうだなぁとは思いつつも、結構やれると思ってるんですよね。
ただ、ランクマ回しててもちょいちょいマナリア使いに当たるので、多分そこそこの構築が生まれると思ってます。

マルドゥーク

ローテーション
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ D
ミチタ C

アンリミテッド
GAME BOX C(D)
GameWith E
アルテマ D
ミチタ D

全員アンリミテッドでは粗大ゴミ認定していますが、GAME BOXのみローテーションで高評価を付けています。
他サイトでは「リントヴルム構築でワンチャンス?でもデメリットが酷い」という温度感になっていますが、GAME BOXの高評価の理由は秘術ウィッチにおけるフィニッシャー採用となっています。
秘術ウィッチでは8ターン目に白銀剣のゴーレムが存在し、9ターン目に真理の術式から2桁打点が普通なのでそれよりも有用でなければ微妙そうです。
ただ、マルドゥークは7コストで場に出せる点や、8コストで出せば星見の望遠鏡と合わせて最大8打点ほど狙える点などが差別化ポイントです。
放置+守護展開で概ね終わることがデメリットとなっていますが、秘術ウィッチのマルドゥークを放置するのは流石に自殺行為なため、放置を受けにくいです。また、そもそも進化権でも処理しにくいサイズかつ進化権が切れた後に出しやすいカードなので、そのまま通ることも少なく無さそうです。
そんなわけで守備的な秘術ウィッチなら白銀剣のゴーレムの方が強そうですが、攻撃的な構築ならマルドゥークの方が相性が良く強いのではないかというのが私の判断です。
まぁ、とはいえかなりアグレッシヴな評価をしたつもりなので、当たったら拍手お願いします!(プンレクのエールだともっと喜ぶよ!w)

狭間の悪魔

ローテーション
GAME BOX A
GameWith C
アルテマ B
ミチタ B

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith B
アルテマ B
ミチタ B

そこまで大きく別れたという程でもないですが、ローテーションでGAME BOXではA評価、GameWithさんはC評価となっています。
光の剣が汎用的なシステムフォロワー防御に、闇の剣がバフと汎用メタとして使えるカードで、評価の難しい一枚だったと思います。これといって明確な使い道があるわけではないため、強豪評価でもB付近に評価が集まっていたカードです。
個人的にはあまりにも汎用的に使えるカードなので、流石に入れ得だと思っています。余程積みたいカードが3コストに固まっているなら難しいですが、特に操り人形構築はオートマタナイトは確定として、これの対抗馬がジャンクとかですよ?ジャンクなんて積んでる場合じゃないだろ、いいから狭間積んどけという気持ちになります。
そんなわけで、積まれて「やっぱ強えぇwww」ってなって高評価して正しかったとなるのが私のささやかな希望です。

オシャレ女王・ネルシャ

ローテーション
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX C(D)
GameWith E
アルテマ C
ミチタ C

アンリミテッドではまぁゴミってことで見解は一致しています。
ローテーションに関しては、「まぁ、知ってたw」という感じのバラけ方で、ホワイトヴァナラ入りのミッドレンジ構築に可能性を見出しているかどうかというのが大きいでしょう。
ただ、ミチタさんはホワイトヴァナラとのシナジーというよりはミッドレンジ以降の構築ならカシオペアと悪魔のドレスなどのシナジーもあるため普通に強いという判断の模様です。ともあれ、ミッドレンジ以降のエルフがローテーションで強いかどうかというのが大きな分水嶺となりそうです。

未来視の魔女

ローテーション
GAME BOX A
GameWith D
アルテマ C
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX B-(C)
GameWith D
アルテマ C
ミチタ S

ミチタさんが超強気評価をしています。
GAME BOXのローテーションA評価はスペルデッキがローテーションではブーストの遅れをそこまで重く見なくて済むことを考慮してのA評価でしたが、ミチタさんはスペルデッキでの運用ではなく、Nウィッチにおける太陽と月サーチなど、スペルサーチでの運用を想定したS評価となっています。特定のデッキでの強い運用を特別想定したものではなく、どちらかというと汎用性での高評価となっているようです。このため、アンリミテッドでの評価もS据え置きとなっている模様。
私はその手の運用は魔法図書館で既に可能という考察を出しており、2/1/2というスタッツが残ることがどれだけ重要かという話も重くなってきそうです。
このカードを利用したスペルウィッチは強いか、サーチを利用した強デッキは生まれるか、注視していきたい1枚ですね。

魔導狙撃士・ワルツ

ローテーション
GAME BOX B+(B)
GameWith B
アルテマ A
ミチタ S

アンリミテッド
GAME BOX B+(B)
GameWith B
アルテマ B
ミチタ A

アンリミテッドでは大体「そこそこ強い」で一致していますが、ローテーションでミチタさんのみS評価を付けています。
アルテマさんもAとなっていますが、A評価下位に付けているため、ミチタさんとそれ以外の戦いという様相が強そうです。
このカードに関しては書いてあることが強いという点に関しては概ね全考察者一致していると言えるため、争点はずば抜けて優れているかどうかになります。
ロイヤルは3コストに優秀な選択肢を大量に抱えているわけですが、環境後期に見返した時に「それでもワルツは積むべき」という空気になっていればミチタさんの勝ちと言えるでしょう。

バッタの指揮者

ローテーション
GAME BOX B+(B)
GameWith E
アルテマ C
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX S
GameWith E
アルテマ B
ミチタ A

えっ、うっそやろ?なんでそんな評価低いん??

というのがアンリミテッドの評価を見た私の正直な感想。GameWithさんに至ってはリノセウスサーチに気付いてないのかと思いましたが、個別ページ見に行ったらちゃんと書いてありました。
ミチタさんのブログにも書いてありましたが、結局バッタ版フィーナがないのでミニゴブの方が良いだろうというのが低評価の理由の模様。そう言えばみんなアンリミテッドのホワイトヴァナラの評価も高く無かったので、割と一貫性ある評価で低めに付けている模様。
個人的にはバッタエルフはTier1は堅いと思っているので、これは楽しみにしたいです。

ローテーションの評価は比較的低めで一致かと思いましたが、ミチタさんはちょっと高く付けています。明確にサーチしたいカードは無いみたいで、状況に応じてサーチ対象を変えられる点を高めに付けた模様。

造られし命・ミリアム

ローテーション
GAME BOX B-(C)
GameWith A
アルテマ A
ミチタ A

アンリミテッド
GAME BOX C(D)
GameWith A
アルテマA
ミチタ B

かわいい。チョイス前がすっごくかわいい。
じゃなくて、私以外みな高評価をつけており、私だけ低評価となっています。
TLで流れてきてチラッと見たまるさんの匿名評価シートでは結構高評価が多かったカードですが、GameBoxの強豪評価では低評価で安定しており、まるさんの読者層と結構違うんだなーとか密かに驚いた一枚です。
GameWithさんはアーティファクト埋め込みの方もそこそこ評価しているようですが、基本的にはアーティファクトを手札に入れる効果を見込んでの高評価が多いようです。
私は共鳴がズレる問題が重すぎてハーメルンと競合して勝てるカードじゃないと考えて低評価を付けています。
このあたり、結構全面戦争ムードですがこのカードが積まれるようになるのか否か、注視したいですね。

最果ての骸

ローテーション
GAME BOX B-(C)
GameWith D
アルテマ A
ミチタ B

アンリミテッド
GAME BOX A
GameWith D
アルテマA
ミチタ C

ローテはアルテマさんのみ高評価、アンリミテッドは綺麗に評価が分かれています。
アルテマさん、全体的におもちゃに優しい評価基準なのかなと思ったのですが、リントヴルムはB評価だったので、特におもちゃに優しいわけでは無さそうです。
しかも、A評価の中でもそこそこ上の方にあるのでかなり強めのプッシュしているみたいですね。個別考察を読んでみたかった。
おもちゃに優しいことで定評のあるGAME BOXが「おもちゃにもならないヽ(`Д´)ノプンプン」とご立腹予想なのと対照的です。

アンリミテッドにおいてはGAME BOXでも高評価を付けています。これは新たなる運命とのシナジーを見込んだ高評価となっています。
流石にアンリミテッドネクロの最強構築になると思って付けたわけではないため、おもちゃに優しい基準での評価にはなりますが、おもちゃの枠では捉え切れない程度には強いと思っているので、余裕があったら組んで動画とか録ってみたいですねぇ。ガチ勢には多分そんな余裕無いんですけどTT

ともあれ、実用的なデッキが出来るかどうかが大きな焦点になりそうです。

ロケットナックル

ローテーション
GAME BOX C(D)
GameWith D
アルテマ A
ミチタ D

アンリミテッド
GAME BOX B-(C)
GameWith D
アルテマA
ミチタ D

アルテマさんのみ高評価となっています。基本的には2コスト3点除去という汎用性での高評価のようです。
一方、低評価組は3点除去としてすり替わりもあるし、デメリット大きくてアーティファクトデッキには入らないし、次元断でも良くね?というような代替カードと比べたメリットの無さを訴えています。
人形軸ならデメリット無しで運用できる構築もありそうですが、うーん、これは流石に低評価組が勝つんじゃないかしら。

総括

毎回、「どう考えても争点になる一部のカード以外はそんなに食い違わないでしょー」とか思ってこの比較考察やってますが、びっくりするぐらい食い違いますね。
今回は特に評価上位に付けたカードが誰がどう見ても強いセリア以外概ね食い違ってたのが印象的でした。反省会が本当に楽しみです。
ネメシスが新しいリーダーとして出て来て~みたいなのは無かったから今回は大丈夫なはず、はず…

一方でちょっと残念だったのは、オーキスの評価をSにしたことですね。
人形軸ネメシスは自分はせいぜいTier2止まりだと思っていて、オーキスの評価SにするかAにするか結構悩んだんですよね。
オーキス自体はどう考えても人形軸ネメシスの核なんですが、これがおもちゃだと思ってるんなら私の基準だとA評価なんですよね。
ただ、オーキス一掃出来なくてそのままトレ出て来て死んじゃうデッキがたくさん出て、特に序盤で結構人形軸ネメシスが勝ちそうという読みもあって結局S評価にしてしまった。

あとは意外とあまりブレなかったのが血統の王。
これなんかは人によっては非常に高い評価を付けているんですよね。私は結構考えた末におもちゃ評価を付けたカードなんですが、コントロール寄りの用途でワンチャン化ける可能性あるかもしれないなぁと思わなくはなくてちょっと冷や冷やしてます。

あとは誰も無貌の魔女をS評価付けていませんでしたね。
個人的には、「こんな幼稚な引っ掛け乗るやつおる??」ぐらいのカードなんですが、攻略サイト的にはS付けてくるところあっても不思議はないのかなー、とは。
というか、全員おもちゃに厳し過ぎて笑ってますw 多分この4つの評価者の中で一番おもちゃに優しいの私だ。次がアルテマさん。
…とか言ってこれでもし無貌の魔女が環境取ったら土下座ものなんですがwwww
いや、流石に無いよね? 大丈夫だよね?

この辺り以外はバラけそうなものは大体バラけたかなぁという印象でした。

さて、評価の総括はこんな感じですが、各評価者のS評価とその考察からローテーションにおけるそれぞれの推しアーキタイプを予想するとこんな感じでしょうか。

GAME BOX:ミッドレンジロイヤル、ニュートラルエルフ、アグロエルフ、ミッドレンジエルフ、ランプドラゴン、スペルウィッチ
GameWith:ミッドレンジロイヤル、スペルウィッチ、復讐ヴァンパイア、人形軸ネメシス
アルテマ:ミッドレンジロイヤル、リアニメイトネクロ、復讐ヴァンパイア、人形軸ネメシス、ランプドラゴン
ミチタ:ミッドレンジロイヤル、ミッドレンジエルフ、リアニメイトネクロ、人形軸ネメシス、アーティファクトネメシス

とりあえず、ミッドレンジロイヤルを推していない評価者はこの中にはいなそうですね。
他では人形軸ネメシスの人気が高そうです。あとはリアニメイトネクロ、復讐ヴァンパイア、スペルウィッチ、ランプドラゴンあたりか。
正直、今回私はミッドレンジロイヤルはともかくとして、エルフとウィッチは強いアーキタイプ多すぎてTier2が荒れまくると思っているんですよね。だから推しを絞り切れないという。
このため、この比較考察で確実に言えることは、ミッドレンジロイヤルが期待されているということだけですかねw

星神の伝説で満場一致で推してたエルフが原初ドラゴンにボッコボコにされた?
時空転生で満場一致で圧してたアーティファクトネメシスが一度も上位Tierに浮上しなかった?
うっ、頭が…

今回は特に評価が難しい環境だったこともあり、明日蓋を開けてみたら手のひら総クルーになるかもしれませんが、まぁ、それも一つ面白いということで、起源の光・終焉の闇環境も楽しんでいきましょう!

SNSでもご購読できます。