JCGオープン、ベスト16でした!

シャドウバースで今一番熱い定期開催の大会ということで、JCGオープンの方に参加してきました。
結果は予選トーナメントを抜け、決勝トーナメント一回戦敗退でした。

使用デッキ:
ミッドレンジロイヤル
冥府エルフ

ミッドレンジロイヤルは2マナやや少なめにして、重めのカードにリソースを割いています。(メイドリーダーは2マナ妥協としての役割もありますが、どちらかというとリソース切れ後のゲームを有利にするカード。)
特に決勝では冥府エルフと当たることが想定されるため、アルビダを投入したロイヤルも回してみたのですが、後攻だとどっちみち事故待ちになる点、ロイヤルミラーで相手だけツバキしてきた時に普通に負ける点が嫌だったのでツバキを採用した構築になっています。
また、5マナ帯が薄過ぎるので、ツバキ3ではなく、ツバキ2、エクスキューション1の形にしています。なお、エクスキューションは大会中一度も手札を通過しませんでした(ぁ

冥府エルフはよくあるテンプレ型という感じですが、根源3、妖精のいたずらではなく精霊の呪いが入っている点が少し珍しいかもしれません。根源は序盤につけられた盤面優位を一時的にリセットしたり、相手の打点を一時的に止めながら凌ぐ他、状況によってはドローロックで相手に解決させずに一方的にドローしつつ打点を入れるような使い方も出来、非常に好きなカードです。根源2のレシピが最近多いのですが、私は3安定だと思っています。引けないと死ぬ試合も多いしw
また、妖精のいたずらと精霊の呪いなのですが、妖精のいたずらでは確定解決出来ない盤面が多いというのと、ジェネシスドラゴンが無理過ぎるということで精霊の呪いの方を採用しています。結果的に大会ではジェネシスドラゴンは一度も出されませんでしたが、妖精のいたずらでは駄目な場面で精霊の呪いでゴブリンマウントデーモンを破棄してゲームを有利に進めることが出来ました。

大会レポ


予選と決勝でデッキを変えて良いとのことだったので、予選はロイヤルエルフ一択としても、決勝トナメはエルフ祭りなのでドラゴンウィッチみたいな選択肢もありかなー、と思いつつ慣れてないデッキを決勝でぶっぱするのは論外だと思うのでやめました。
完全抽選制の大会ということもあり、予選は割とゆるふわな展開を予想したのですが、AA3ランクマッチ相当のしっかりしたプレイングをされて結構大変でした。

予選決勝では相手がビショップドラゴンという組み合わせだったので、相手が先に出してくる方がビショップなら冥府エルフを当てればほぼ勝ち確、ドラゴンを出してくるならロイヤルを出せばかなり有利な一方で逆を引くと微不利というなかなかしんどい読み合いを要求されました。
自分のアイコンはアリサで、相手はバロンだったのですが、私のアイコンを見て冥府エルフ自信ニキ読みで初戦ドラゴンを出してくる読みでロイヤルを出したら見事に相手にビショップを出されて辛い展開に。そして当然の如く後攻。
相手は陽光サタン型で、ツバキを綺麗に刺せば勝てるかなと思いながらも終始相手優位の盤面を作られてしまいました。
ツバキを2回刺し、リーサル直前まで行くも10T目に綺麗にサタン着地。1枚目がディースかサーヴァントじゃなければ返しでリーサルだったのですが、1枚目はディース。その後沈黙の魔将が来るも、翌ターンに相手がアスタロトか沈黙を引けば勝てる状況でサーヴァント引かれて負けました。いい勝負でしたが、敗北。
2回戦目は私が冥府エルフ、相手がドラゴンというまぁ辛いマッチで、1回マナ加速され、ゴブリンマウントデーモンでリノセリーサルの線を薄められて苦しい展開に。結局相手にルシフェルを2回出されたので、リノセリーサルは完全に無理の流れだったのですが、ルシフェルをエンシェント進化とリノセウスで処理した頃に冥府完成したので何とか勝ち。
途中でエンシェントエルフと手札の計算をミスってリノセウスが破棄になる状況にしてしまい、死にたくなりましたが、何とか勝てて運の良さを感じました。
最終戦はロイヤルVSドラゴンになり、ツバキは引けなかったものの綺麗に回ったので打点優位でそのまま勝ちました。

決勝トーナメントでは初戦からロイヤル・エルフミラー。まぁ、想定通りw
初戦はロイヤルミラーだったのですが、相手が先攻1234フローラルセージと動く中、私は4マナでフローラルどころか何も出せない事故を起こしてゲームにならずにぼろ負け。
2戦目は冥府エルフミラーでしたが、こちらも相手先攻。
2ターン目に収穫祭貼られて早くも劣勢気配。こちらも4ターン収穫祭フェアリーフェアリーでドロー加速するものの、その頃には相手は運命という。そうゆう展開の相手には打点加速してリノセウスリーサルを狙っていきたいのですが、盤面を取れるカードもなく渋々追従して運命みたいな。ここでこっちだけ運命持ってくる運があれば良かったのですが、引けず。
こちらのやりたいことを全部先撃ちされてオウム返しのようにそれを返す典型的な先攻ゲーを喰らってしまいましたが、1回目の運命の後、即冥府準備動作に入る見極めの速さや、こちらのドローをロック可能な場所ではきっちりロックしてくるなど、やるべき行動は全てされた印象でした。
終始劣勢で、あと2ターンぐらい必要な場面でリーサルされる完敗でしたが、カードゲームやってる感じはあって楽しかったです。

こうして私の決勝トーナメントはものの15分ぐらいで終了しましたが、楽しかったです。
BO3っていうルールでは凄まじくヤバい新デッキを2つ用意するぐらいしないと、圧倒的な勝率で勝つことは出来ないと思っているので、回数こなしてどこかで優勝してみたいなぁという感じです。

以上、はじめてのJCGオープン感想戦でした。

SNSでもご購読できます。