【ダークネス・エボルヴ】新カード「クリスタリアプリンセス・ティア」の考察

Tier
eve
カード名:クリスタリアプリンセス・ティア
クラス:エルフ
5コスト 1/1 進化後 3/3
進化前:ファンファーレ クリスタリア・イヴ1体を出す。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのフォロワーは進化して、守護をもつ。

クリスタリア・イヴ
4コスト 4/4 進化後5/5

エルフクラスの新レジェンドが情報公開されました。
本人は1/1ながら、4/4のフォロワーを出す能力を持っています。
5PP時に素出ししてもスタッツ合計は5/5と優秀であるのに加え、このカードをプレイする前に2枚カードをプレイしておけば6/6で即盤面に攻撃可能な守護が出てくるのは非常に強力です。
エルフプリンセスメイジ進化とのコンボで、4マナ5マナを綺麗に動くとそれだけで壮絶に強力なムーブが出来ると言えるでしょう。
7マナでフェアリーフェアリークリスタリアプリンセス・ティアと展開しても普通に7マナ以上の働きをすることが予想され、エンシェントエルフ以来のエルフ待望のただ強レジェンドとなりそうです。
ただし、盤面要求がそこそこあるコンボになりますので、クリスタリアプリンセス・ティア警戒で自殺させない盤面を形成するようなメタプレイングも発生するでしょう。
5マナで素出しすべきなのか、7マナまで待って完全な状態で使うべきなのかというプレイ分岐も発生しやすいデザインとなっており、使い手の力量を問う良いデザインな気がします。ともあれ、楽しみなカードです。

冥府エルフに入れる?新機軸エルフ作る?

現環境のトップデッキの一つである冥府エルフは、恐らくは新弾環境になってからも猛威を奮い続けるでしょう。
エルフのカードとして価値があるかないかは冥府エルフに入るか入らないかである程度規定されてしまうところがあると思います。
それで、冥府エルフとこのカードの相性が良さそうか、と言うと…

うん、良さそうですね

1枚のカードで2枚のカードを生み出しているので、相性は良いですし、エンシェントエルフだけでは心もとなかった大型守護をもう一体手に入れられることは大きそうです。
パッと考えるだけで、現行のフェアリービースト枠に差し替えるだけでもそこそこ以上には仕事をするであろうことが目に見えていますし、あまつさえクリスタリアプリンセス・ティア本体をバウンスすることで、翌ターン6/6進化守護を追加出来るのはバグレベルの強さになりそうです。

一方、このカードの登場により、普通にビートダウンして勝つ筋が割と濃厚になるように思います。
盤面取って普通に勝てませんか、これ、というやつですw
冥府エルフがあるのにわざわざ盤面ゲーのデッキ組むだけ無駄、となるのか、はたまたビートダウンに特化してみると存外冥府エルフよりも強いのか、試してみないと解らないところがありますよね。
まぁ、どんな形で利用するにしても、導きリノセセットと同時に運用するカードにはなると思いますが。
間違いなく、新弾リリース後に高いTierで目にすることになるカードとなりそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。