ロイヤルの高コスト帯カードのメリデメまとめ

個別カードの考察をこれまで行ってきましたが、取りとめも無く書いてしまったので、ここで一度まとめようと思います。
同じ記号内でも優劣あったりしますが、解りやすさ重視で以下の分類でまとめます。より詳しい解説は個々のページを読んで頂ければ、と。

◎=文句なく強い
〇=強いけど、一番強いのには劣る
△=トレードオフでなければ強いが、トレードオフするなら微妙
×=強み無し

カード別評価

続きを読む

上手く構築出来れば強い!ドラゴニュート・シャルロットのカード考察

charlotte
カード名:ドラゴニュート・シャルロット
クラス:ロイヤル
タイプ:指揮官
8コスト 4/7 進化後 6/9
疾走 守護

カードとしての強さを論ずる前に、「かわいい」とか「ぱんつ見えてる」とかそうゆう話ばかりで盛り上がっている印象のあるカードですが、カードとしての強さも一級品です。
疾走+守護を見ると、守りたいんだか攻撃したいんだかはっきりしろ、というどっちつかずのテキストに見え、そのせいでコスト対比でスタッツを抑えめに作られているため、一見すると微妙に見えます。しかし、現実は1ターンリーサルを速めながら1ターン耐えるという2ターン分の仕事を出来ることもあり、どっちつかずというよりも両取りということの方が多いです。
あと、かわいいです(ぁ

ドラゴニュート・シャルロットの役割

続きを読む

セージコマンダーのカード紹介(風神などとの比較つき)

seji
カード名:セージコマンダー
クラス:ロイヤル
タイプ:指揮官
6コスト 4/6 進化後 6/8
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。

ぶっ壊れとして槍玉に挙がりやすいフォロワーランキング(恐らく)堂々の一位のカードです。
グーグルで検索してみると、他のカードは「強い」とかセットワードでサジェストされるのに、こいつは「強過ぎ」「壊れ」とサジェストされます。
効果として4コストスペルである激励の舞を内蔵している癖に、本人スペックが4/6と6コスト帯の基準スペックよりほんの僅かにしか劣ってないスペックを持っているところが壊れと言われる由縁と言えるでしょう。1体でもバフ出来れば十分にペイする能力と言えるので、出して弱いケースはほとんどなく、その上、乙姫とのコンボでゲームをイージーウィンに導くことが出来ます。
セージコマンダーと乙姫のセットはロイヤルの基本セットとなっており、この2種を3枚セットで投入するところからデッキを構築する人も多いでしょう。

セージコマンダーの役割

続きを読む

冥府エルフに強い!アルビダの号令の紹介

arbida
カード名:アルビダの号令
クラス:ロイヤル
6コスト
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。

※パイレーツ 3コスト 2/3 守護
※ヴァイキング 3コスト 3/2 疾走

6コストでスタッツ合計は5/5とそれだけだと少し物足りないスペックですが、一方に守護、一方に疾走がついているため、単純にスタッツ対比で考えても優れたカードです。
攻防一体のカードで稼ぐアドバンテージ量が単純に大きいため、使えばそれだけでただ強のカードなのですが、6コストの競合が厳しいため、採用されてないケースが多いです。
乙姫ツバキ、セージコマンダー、アルビダの号令のロイヤル6コスト四天王の中で最も地味で、かつ扱いが難しいのがアルビダの号令だと思っています。

アルビダの号令の役割

続きを読む

JCG オープンvol9 ベスト4でした!

最近毎週土曜日はJCGオープンの日と化してますw
抽選に落ちても当日インすれば大体出られますので、計画を立てやすいですw

初回ベスト162回目ベスト8、3回目は予選2回戦敗退ながら、4回目の今日も決勝トーナメントまで進めました!
正直、上振れている成績だと思いますが、決勝トナメでも上振れ継続して欲しい今日この頃です。
ここまで来たら優勝したかったという気持ちもありましたが、とりま過去最高のベスト4ということで素直に喜んでおきましょう!クヤシイ

というわけで、今回使用したデッキです。

ミッドレンジロイヤル
疾走ドラゴン

使用デッキ説明

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】新カード「白霜の風」の考察

hakuso
カード名:白霜の風
クラス:ウィッチ
5コスト
体力1以下の相手フォロワー1体を手札に戻す。
スノーマン1体を出す。
【スペルブースト】戻す相手フォロワーの体力+1、出すスノーマン+1体

3枚目の新カードです。
はい、どう見てもヤバいテキストですね。こんなカードが欲しかった!と声を大にして言いたくなるテキストです。
手札上限9枚といい、白霜の風といい、ウィッチにはかなり追い風が吹いていると言えそうです。
最終的にどうなるかは置いておいて、流石にウィッチTier1入りするんじゃないかなと思います。

冥府ウィッチのマストカード

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】新カード「アークエンジェル・レイナ」の考察

reina
カード名:アークエンジェル・レイナ
クラス:ニュートラル
8コスト 5/5 進化後 5/5
進化前:
進化後:【進化時】進化していない自分のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)

2枚目の新カードは物凄く癖の強いカードです。
TLを見ると一番話題になっているカードのように見えますが、私の第一印象は典型的な地雷デッキビルダー御用達カードだなぁ、と。
書いてあるテキストは凄まじく強いんだけど、条件満たせないから勝てないってやつですねw
何を隠そうこのワタクシめ、そうゆうカードデザインが大好きです(ぁ

既存デッキにそのまま組み込むのは無理

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】新カード「クリスタリアプリンセス・ティア」の考察

Tier
eve
カード名:クリスタリアプリンセス・ティア
クラス:エルフ
5コスト 1/1 進化後 3/3
進化前:ファンファーレ クリスタリア・イヴ1体を出す。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのフォロワーは進化して、守護をもつ。

クリスタリア・イヴ
4コスト 4/4 進化後5/5

エルフクラスの新レジェンドが情報公開されました。
本人は1/1ながら、4/4のフォロワーを出す能力を持っています。
5PP時に素出ししてもスタッツ合計は5/5と優秀であるのに加え、このカードをプレイする前に2枚カードをプレイしておけば6/6で即盤面に攻撃可能な守護が出てくるのは非常に強力です。
エルフプリンセスメイジ進化とのコンボで、4マナ5マナを綺麗に動くとそれだけで壮絶に強力なムーブが出来ると言えるでしょう。
7マナでフェアリーフェアリークリスタリアプリンセス・ティアと展開しても普通に7マナ以上の働きをすることが予想され、エンシェントエルフ以来のエルフ待望のただ強レジェンドとなりそうです。
ただし、盤面要求がそこそこあるコンボになりますので、クリスタリアプリンセス・ティア警戒で自殺させない盤面を形成するようなメタプレイングも発生するでしょう。
5マナで素出しすべきなのか、7マナまで待って完全な状態で使うべきなのかというプレイ分岐も発生しやすいデザインとなっており、使い手の力量を問う良いデザインな気がします。ともあれ、楽しみなカードです。

冥府エルフに入れる?新機軸エルフ作る?

続きを読む

配布レジェンドがまた強い!突然の死を相手に、ガブリエルの紹介

gabriel
カード名:ガブリエル
クラス:ニュートラル
7コスト 3/4 進化後 5/6
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+4/+3する。

CM放映キャンペーン第二弾ということで、前回のルシフェルに続き、今回はサタンとガブリエルが全員配布となりました。
どのカードもニュートラルクラスのレジェンドカードで、パワーも一級品のカードばかり。
しかもガン積みはあんまりしないかなー、というカードばかりで、1枚でもデッキ構築に役立つカードとなっています。
サタンに関してはコントロールデッキの切り札として非常によく採用されているものの、現環境においてはガブリエルの方が強いだろうと思っています。

ガブリエルの役割

続きを読む

生成しないと人権ないの!?海底都市王・乙姫の紹介

otohime
カード名:海底都市王・乙姫
クラス:ロイヤル
タイプ:指揮官
6コスト 3/4 進化後 5/6
ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
※乙姫お守り隊 コスト1 タイプ:兵士 1/2

1枚で盤面が埋められる理不尽。
6マナでスタッツの合計が7/12になる圧倒的理不尽。
シャドウバース界の中でも抜群のぶっ壊れ性能を持っている乙姫についてです。
上位ロイヤルのレシピでも大体3投されてるし、今更解説要るの?って思われる方も多いかもしれませんが、最も使われるカードだからこそ深く考える要素も多いというものです。
ただの爆アドカードで思考停止してとりあえず3投しておけばよい、と言う程単純なカードではなかったりします。
このカードを一枚も積んでないショートレンジロイヤルでもマスターランクで結果を出せていることからも明らかだと思います。

乙姫の役割

続きを読む