RAGE vol3 day2進出!疾走ビショップメタ疾走ビショップのデッキ紹介

RAGEのday2進出のために働いてくれたもう一つのデッキが疾走ビショップです。
疾走ビショップに関してはアグロデッキの一種として捉えている人が多いようですが、私はミッドレンジデッキの一種として考えているため、構築もそうゆう色のある構築になっています。

デッキレシピ:
3:詠唱:白翼への祈り
3:詠唱:聖なる願い
3:マイニュ
2:天界の忠犬
2:気高き教理
3:漆黒の法典
3:詠唱:神域の守護者
3:詠唱:獣姫の呼び声
3:エンジェルバレッジ
3:見習いシスター
3:詠唱:神鳥の呼び声
3:鉄槌の僧侶
2:死の舞踏
1:ムーンアルミラージ
3:天空の守護者:ガルラ

何故疾走ビショップを選択したか

続きを読む

RAGE vol3 day2進出!あるじ式テンポエルフの最新版!

※最新のテンポエルフに関する考察をGAME BOXにて行っております。

RAGEお疲れ様でした。
私はday1を2-1→2-0→2-0で抜け、day2で2連勝した後2連敗で敗退という結果になりました。

そんなわけで、RAGEを戦い抜いたデッキを紹介したいと思います。
デッキのうち片方は初日1位を取ったテンポエルフの現環境対応版となります。

デッキレシピ:
3:ウォーターフェアリー
3:ベビーエルフ・メイ
3:自然の導き
3:フェアリーサークル
3:フェアリーウィスパラー
3:リノセウス
2:エルフの少女・リザ
3:森荒らしへの報い
3:エンシェントエルフ
3:エルフプリンセスメイジ
3:風神
1:死の舞踏
3:クリスタリアプリンセス・ティア
3:エルフナイト・シンシア
1:ガブリエル

何故テンポエルフを選択したか

続きを読む

RAGE前環境分析2 JCGオープンの参加デッキから

いよいよ今週末にRAGEを迎えますね。
ここ数週間、環境の2強はエルフ、ビショップでずっと来ていましたが、その勢力分布は思った以上に変化しているようです。

JCGの公式サイトの方でも登録者全体のデッキで順位を出していたのですが、今回は実際の参加者のデッキでデータを出したので、そちらを元に見てみたいと思います。直前変更などの影響もあるので、参加デッキで見た方が若干妥当性が高いはず。

使用リーダーの分布

続きを読む

シャドバの怪しいルール周りまとめ

Q&Aとか、色んな人がやってくれた検証をみて、テキスト見ただけでは即答出来無そうなやつをまとめてみました。
ものによっては私自身で検証を行ってないものもありますので、情報間違ってたらすみません(汗
自分の中のメモリに記憶するのが限界になってきたので、ある種自分用メモとも言えますw

吸血鬼の古城

続きを読む

この動きにピンと来たら冥府エルフ?テンポエルフと冥府エルフの違い

最も使用率が高いリーダーとしてエルフが環境に君臨しているわけですが、そんなエルフには代表的なデッキとして、テンポエルフと冥府エルフというデッキが存在します。
割合で言うと、テンポエルフ2:冥府エルフ1ぐらいなので、どちらか解らない時はテンポエルフだと推定して動くのが吉と言えますが、性質が全く違うデッキなので同じように動いていては勝てません。

この記事を書こうと思ったのは、ぜろろ軍曹の

ぜろろ軍曹の兵法虎の巻「第3回トレードorフェイスの判断」

の記事を読んだからだったりします。
「8割がたトレードをするべき相手リーダー」としてエルフが挙げられているのですが冥府エルフに対してはどっちかというとフェイス寄りの動きしなきゃ駄目だよね、と触発されたからだったりw
冥府エルフに対しても、エンシェントエルフ警戒などで盤面を取る動きが必要になるため、何も考えずにフェイスを狙っていけば良いわけではないです。ぜろろ軍曹の記事は「初心者向け」とのことでしたので、その辺りの細かい話は敢えて省略して解りやすくエルフ相手はトレードと書いてあるのだと思います。
まぁ、実際のところ、フェイス/トレードの細かい条件分岐に関しては、状況に常に変わるため、説明し切れませんし、ぶっちゃけ私もミスりますw
ですが、大まかな方針として、テンポエルフ相手なら盤面、冥府エルフならフェイスと考えた時に、そもそもテンポエルフと冥府エルフって何が違うんだよ、という話をしてみたいと思います。言わば、中級者向け、ですかねw

テンポエルフと冥府エルフの違い

続きを読む

RAGE前環境分析

2016年10月22日・23日のRAGEまで10日を切りました。
抽選で当たった人、リザーバー、抽選で当たったメンバーの調整相手などなど、RAGEに向けて密かに爪を研いでいる人も多いでしょう。
ルームマッチで引きこもっている上位勢もいると思いますが、RAGEは完全抽選制の大会なので、上位勢ばかりに向けていても仕方ありません。環境の理解が重要になってくるわけです。

そんなわけで、シャドレコのメタレポートを見て環境考察を進めてみようと思います。

環境考察

続きを読む

「無作為はともだち」に関する考察とシャドウバースへの適用について

マジック:ザ・ギャザリングに関する記事の翻訳記事「無作為は友達」を読んでの私なりのまとめと感想を書いてみようと思いました。
この記事は2009年5月4日に書かれたものですが、その頃にはもうこのレベルの考察がまとまっていたのか、と感嘆しました。
ゲームデザインに携わる人なら知っていて当然の知識なのかもしれませんが、ちゃんと考えられてるか怪しい調整をしているゲームもありますよね。

内容は大きく分けると

・無作為とは何であるか
・無作為のメリット
・無作為のデメリット
・良い無作為とはどのような無作為か

のようになっており、これらを実際にマジック:ザ・ギャザリングのカードと絡めて記述してあります。

無作為とは何であるか

続きを読む

JCG OPEN vol20の結果考察

JCGオープンvol20の結果が出ました。
決勝トーナメントで使われたデッキを見て行きたいと思います。

優勝
疾走ビショップ
ミッドレンジロイヤル

準優勝
コントロールロイヤル
疾走ビショップ

ベスト4
疾走ビショップ
テンポエルフ

疾走ビショップ
テンポエルフ

ベスト8
コンボエルフ
セラフビショップ

アグロヴァンパイア
コンボエルフ

ミッドレンジネクロ
エイラビショップ

冥府エルフ
超越ウィッチ

ベスト16
ミッドレンジエルフ
エイラビショップ

ミッドレンジエルフ
超越ウィッチ

冥府エルフ
ミッドレンジロイヤル

超越ウィッチ
薔薇エルフ

ミッドレンジロイヤル
超越ウィッチ

冥府エルフ
コントロールヴァンパイア

コントロールロイヤル
テンポエルフ

超越ウィッチ
コントロールヴァンパイア

考察

続きを読む

JCG OPEN vol19の結果考察

JCGオープンvol19の結果が出ましたね!
決勝トーナメントで使われたデッキも判明しましたので、考察してみたいと思います。

優勝
テンポエルフ
アグロヴァンパイア

準優勝
テンポエルフ
ランプドラゴン

ベスト4
秘術ウィッチ
コントロールヴァンパイア

冥府エルフ
超越ウィッチ

ベスト8
力場超越ウィッチ
御旗ロイヤル

フェイスドラゴン
テンポエルフ

冥府エルフ
疾走ビショップ

秘術ウィッチ
冥府エルフ

ベスト16
冥府エルフ
力場超越ウィッチ

エイラビショップ
フェイスドラゴン

冥府エルフ
超越ウィッチ

コントロールヴァンパイア
テンポエルフ

テンポエルフ
エイラビショップ

エイラビショップ
秘術ウィッチ

テンポエルフ
エイラビショップ

ランプドラゴン
エイラビショップ

エイラビショップ
ランプドラゴン

考察

続きを読む

JCG OPEN vol20の環境分析

JCGは土日開催ですので、日曜分のJCGオープンvol20の全参加登録者全539名の登録リーダーを集計してみました。
土曜より日曜の方が登録者多いの意外でした。土曜は全473名でしたね。
以下、登録リーダー数の集計です。

1位 エルフ 259人(採用率48.05%)
2位 ビショップ 200人(採用率37.11%)
3位 ロイヤル 171人(採用率31.73%)
4位 ウィッチ 152人(採用率28.20%)
5位 ドラゴン 111人(採用率20.59%)
6位 ネクロ 93人(採用率17.25%)
7位 ヴァンプ 92人(採用率17.07%)

考察

続きを読む