JCG OPEN vol19の環境分析

テンポエルフ一強環境は早くも終わりを告げ、ダークネス・エボルヴ環境は大きな盛り上がりを見せて来ている感じがありますね。
そんな環境で行われるJCGオープンvol19の全参加登録者全473名の登録リーダーを集計してみました。本番直前にデッキを変える人もいると思いますが、多数派では無いと思いますので、傾向としては実際の大会の傾向をほぼほぼ拾えると思います。
実際には組み合わせからも考えられることも多いのですが、単純にリーダーの登録数だけを算出しています。

1位 エルフ 213人(採用率45.03%)
2位 ビショップ 185人(採用率39.11%)
3位 ロイヤル 143人(採用率30.23%)
4位 ウィッチ 131人(採用率27.70%)
5位 ドラゴン 100人(採用率21.14%)
6位 ネクロ 95人(採用率20.08%)
7位 ヴァンプ 79人(採用率16.70%)

考察

続きを読む

竜巫女の儀式による超ドローを実現!ディスカードドラゴンのデッキ紹介

ディスカードドラゴンは最近ではめっきり見なくなってしまいましたが、初日に大暴れしていたデッキタイプです。楽しさが尋常ではない一方で、事故が多い、死神を引いて負けてしまうなどの問題点が多いデッキです。
とはいえ、普通に6割以上勝てたデッキではありますので、紹介してみたいと思います。

デッキレシピ:

3:ブレイジングブレス
3:ユニコーンの踊り手・ユニコ
3:新たなる運命
3:ドラゴニュートスカラー
3:荒牙の竜少女
3:ドラゴニュートフィスト
3:黄金竜の棲家
2:プリズンドラゴン
3:竜巫女の儀式
3:ハンプティダンプティ
3:ジークフリート
2:ノクシャスロアードラゴン
3:天翼を喰うもの
3:ダークドラグーン・フォルテ

デッキの特徴と使い方

続きを読む

封じられし熾天使による特殊勝利!コンシードビショップのデッキ紹介

折角なので、初日に構築して勝ち越せたデッキを紹介してみようと思います。
封じられし熾天使のカウントを進め、栄光のセラフ・ラピスの特殊勝利条件を満たすデッキですね。
まぁ、今更説明する必要もない気はしますがw

コンシードビショップに関しては、自分よりよっぽど結果を残した人のレシピが既に結構挙がってて、今更感凄いのですが、他の人の構築と結構違うようなので、こんなのもあるよ、という感じで。
単純にコンシードビショップ使いが一度通って、「弱い」と切り捨てただけの可能性もある構築なので、そこのところはご注意くださいw

2:ベルエンジェル
3:スネークプリースト
3:マイニュ
2:天界の忠犬
3:漆黒の法典
3:見習いシスター
3:プリズムプリースト
3:スレッジエクソシスト
3:治癒の祈り
3:鉄槌の僧侶
3:ゴブリンマウントデーモン
1:レディアンスエンジェル
3:カグヤ
3:テミスの審判
2:封じられし熾天使

デッキの特徴について

続きを読む

JCGベスト8! アグロヴァンパイアのデッキ紹介

初日の調整前、最有力デッキとして自分が考えていたデッキです。
初日の成績は勝率67%と普通に考えれば高いのですが、まぁ、初日仕様だったので正直そんなに高くはないと思います。
テンポエルフがギャグみたいに強かったので、結局お蔵入りしましたが、二番手のデッキだったのでJCGで使ってみたところ、決勝トナメまで行けました。
パワーカードに依存した構築なので、事故が多いです…

デッキレシピ:

3:蠢く死霊
2:貴き血牙
3:鮮血の花園
3:ブラッドウルフ
3:サーペントチャーマー
3:吸血姫・ヴァンピィ
3:鋭利な一裂き
3:眷属の召喚
3:吸血鬼の古城
3:キラーデビル
3:ダークジェネラル
3:夜の群れ
3:死の舞踏
2:ブラッディメアリー

デッキの特徴について

続きを読む

ダークネス・エボルヴ環境初日マスターランク1位!テンポエルフのデッキ紹介

※最新のテンポエルフに関する考察をGAME BOXにて行っております。

1日が平日だと1日のマスターランキング争奪戦に参加できず、いつも悶々としていました。
そんな中、

新環境始まったばかり
1日が土日祝日

という素晴らしい好条件が重なったので、兼ねてより初日のマスターランキング1位を狙うと公言していましたが、無事、マスターランキング1位で初日を終えられました!

20161001_rank

正直、「最悪、瞬間1位でも…」ぐらいの弱気ではあったのですが(新環境直後でやる気勢多そうだし)、前日に手応えがあったデッキを使ったところ、きっちり応えてくれました。
特に午前中はまだみんな試行錯誤している感があったので完全に無双状態で、最大19連勝、最高勝率89%と意味不明な活躍をしてくれましたw
…今月、今後は環境を見るためにそれなりにランクを回すとは思いますが、月末ランキング1位は狙わない予定ですのであしからずw
(というか、可処分時間的に狙おうとしても不可能w)

デッキリストはこのようになっております。

3:ウォーターフェアリー
3:ベビーエルフ・メイ
3:自然の導き
3:フェアリーサークル
3:フェアリーウィスパラー
3:リノセウス
3:エルフの少女・リザ
3:森荒らしへの報い
3:エンシェントエルフ
3:エルフプリンセスメイジ
3:風神
2:死の舞踏
2:クリスタリアプリンセス・ティア
3:エルフナイト・シンシア

テンポエルフを選択した理由

続きを読む

ダークネス・エボルヴ前最終環境の考察(2016/09/18~29)

ダークネス・エボルヴリリースに向けたメンテが始まり、予定通り行けば明日の10時から新環境が始まります。
手札9枚上限解放環境は冥府エルフを中心とし環境でしたが、最終的に環境分布はどのような感じになったでしょうか。
新カードの考察に追われまくっていて少しランクが疎かになっていたのですが、実際にマスターランクで回した結果、どのような当たり方をしたのか見てみましょう。

マスターランクにおけるリーダーの分布

続きを読む

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの採用に対する雑感

疾走ドラゴンというデッキタイプがあります。
基本的にはマナ加速を行い、海剣竜、ダークドラグーン・フォルテ、ジェネシスドラゴンなどを中心とした中型、大型疾走フォロワーを採用することで空の盤面から打点を出せることを重視したランプドラゴンで、エルフの根源への回帰に対する有効な回答として比較的重用されているデッキです。
例えばこんな感じのデッキですね。

このデッキにドラゴンウォーリアは入り得るのか、という話で少し盛り上がったので、ちょっと整理してみたいと思います。

※ドラゴンウォーリア
4コスト 3/4 進化後 4/5
進化後 【進化時】相手のフォロワー1体に3ダメージ。

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ビショップカードのランキング

ダークネス・エボルヴのビショップクラスのカードと評価一覧ページです。

現行環境ではビショップは最弱リーダーの名を欲しいままにしております。
デッキタイプとしては、最もメジャーな型は陽光サタンビショップと言えるでしょう。他にも疾走ビショップや冥府ビショップが存在します。現行環境で環境的に一番マシなのは疾走ビショップ説があるのですが、ビショップっぽくないのが不人気で一番手を陽光ビショップに取られている印象。
今弾では疾走ビショップが大きく強化され、陽光ビショップや冥府ビショップに関してはそんなものを使うならこれを使えと言わんばかりの封じられし熾天使が実装されます。恐らくはビショップは疾走ビショップと封じられし熾天使テーマデッキであるコンシードビショップが主流デッキとなるでしょう。

個人的には疾走ビショップはかなりやれるんじゃないかと思っているのですが、現状があまりにも悲惨なので、一応Tier1取れない想定で評価をつけました。疾走ビショップがやっぱり思ったより強かったです、となったらガルラの評価はSランク上位で付けて良いレベルだと考えています。コンシードビショップもTier2程度には行けると考えており、おもちゃと呼べる程弱いデッキではないと予想しています。

S評価 0枚

該当なし

A評価 8枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ウィッチカードのランキング

ダークネス・エボルヴのウィッチクラスのカードと評価一覧ページです。

ウィッチクラスのデッキとしては、現状では大半が超越ウィッチで、冥府ウィッチと秘術ウィッチも型としては存在しますよ、といった感じです。ダークネス・エボルヴでは秘術ウィッチの大幅強化が行われました。また、超越ウィッチも何枚か強力なカードを得たと言えそうです。冥府ウィッチも白霜の風を得て強化されたとは思うのですが、環境的に強そうな気配が感じられないため、目にすることは少ないままステイかなと感じています。

個人的には秘術ウィッチは強い動きがいくつか考えられはするものの、他のクラスが得た程の理不尽なカードは得ていないと感じられ、Tier1は怪しそうな気がしており、超越ウィッチも他のクラスが得たカードに比べると収穫が少なく、Tier1は取れないだろうと考え、全体の評価を低くしています。
秘術ウィッチがTier1級ならレミラミ、炎熱の術式、パメラはS評価相当。超越ウィッチがTier1級なら氷像の召喚はS評価相当だと考えています。
…色々と考えているうちに秘術ウィッチ結構強いかもと感じ始めているので、秘術ウィッチ絡みのカードを低くつけたことを後悔しそうな気がしています。超越に関しては現状意見変わらずなので、超越一強環境とかになったら嘲ってくださいorz

S評価 0枚

該当なし

A評価 6枚

続きを読む