ダークネス・エボルヴ環境初日マスターランク1位!テンポエルフのデッキ紹介

※最新のテンポエルフに関する考察をGAME BOXにて行っております。

1日が平日だと1日のマスターランキング争奪戦に参加できず、いつも悶々としていました。
そんな中、

新環境始まったばかり
1日が土日祝日

という素晴らしい好条件が重なったので、兼ねてより初日のマスターランキング1位を狙うと公言していましたが、無事、マスターランキング1位で初日を終えられました!

20161001_rank

正直、「最悪、瞬間1位でも…」ぐらいの弱気ではあったのですが(新環境直後でやる気勢多そうだし)、前日に手応えがあったデッキを使ったところ、きっちり応えてくれました。
特に午前中はまだみんな試行錯誤している感があったので完全に無双状態で、最大19連勝、最高勝率89%と意味不明な活躍をしてくれましたw
…今月、今後は環境を見るためにそれなりにランクを回すとは思いますが、月末ランキング1位は狙わない予定ですのであしからずw
(というか、可処分時間的に狙おうとしても不可能w)

デッキリストはこのようになっております。

3:ウォーターフェアリー
3:ベビーエルフ・メイ
3:自然の導き
3:フェアリーサークル
3:フェアリーウィスパラー
3:リノセウス
3:エルフの少女・リザ
3:森荒らしへの報い
3:エンシェントエルフ
3:エルフプリンセスメイジ
3:風神
2:死の舞踏
2:クリスタリアプリンセス・ティア
3:エルフナイト・シンシア

テンポエルフを選択した理由

続きを読む

ダークネス・エボルヴ前最終環境の考察(2016/09/18~29)

ダークネス・エボルヴリリースに向けたメンテが始まり、予定通り行けば明日の10時から新環境が始まります。
手札9枚上限解放環境は冥府エルフを中心とし環境でしたが、最終的に環境分布はどのような感じになったでしょうか。
新カードの考察に追われまくっていて少しランクが疎かになっていたのですが、実際にマスターランクで回した結果、どのような当たり方をしたのか見てみましょう。

マスターランクにおけるリーダーの分布

続きを読む

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの採用に対する雑感

疾走ドラゴンというデッキタイプがあります。
基本的にはマナ加速を行い、海剣竜、ダークドラグーン・フォルテ、ジェネシスドラゴンなどを中心とした中型、大型疾走フォロワーを採用することで空の盤面から打点を出せることを重視したランプドラゴンで、エルフの根源への回帰に対する有効な回答として比較的重用されているデッキです。
例えばこんな感じのデッキですね。

このデッキにドラゴンウォーリアは入り得るのか、という話で少し盛り上がったので、ちょっと整理してみたいと思います。

※ドラゴンウォーリア
4コスト 3/4 進化後 4/5
進化後 【進化時】相手のフォロワー1体に3ダメージ。

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ビショップカードのランキング

ダークネス・エボルヴのビショップクラスのカードと評価一覧ページです。

現行環境ではビショップは最弱リーダーの名を欲しいままにしております。
デッキタイプとしては、最もメジャーな型は陽光サタンビショップと言えるでしょう。他にも疾走ビショップや冥府ビショップが存在します。現行環境で環境的に一番マシなのは疾走ビショップ説があるのですが、ビショップっぽくないのが不人気で一番手を陽光ビショップに取られている印象。
今弾では疾走ビショップが大きく強化され、陽光ビショップや冥府ビショップに関してはそんなものを使うならこれを使えと言わんばかりの封じられし熾天使が実装されます。恐らくはビショップは疾走ビショップと封じられし熾天使テーマデッキであるコンシードビショップが主流デッキとなるでしょう。

個人的には疾走ビショップはかなりやれるんじゃないかと思っているのですが、現状があまりにも悲惨なので、一応Tier1取れない想定で評価をつけました。疾走ビショップがやっぱり思ったより強かったです、となったらガルラの評価はSランク上位で付けて良いレベルだと考えています。コンシードビショップもTier2程度には行けると考えており、おもちゃと呼べる程弱いデッキではないと予想しています。

S評価 0枚

該当なし

A評価 8枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ウィッチカードのランキング

ダークネス・エボルヴのウィッチクラスのカードと評価一覧ページです。

ウィッチクラスのデッキとしては、現状では大半が超越ウィッチで、冥府ウィッチと秘術ウィッチも型としては存在しますよ、といった感じです。ダークネス・エボルヴでは秘術ウィッチの大幅強化が行われました。また、超越ウィッチも何枚か強力なカードを得たと言えそうです。冥府ウィッチも白霜の風を得て強化されたとは思うのですが、環境的に強そうな気配が感じられないため、目にすることは少ないままステイかなと感じています。

個人的には秘術ウィッチは強い動きがいくつか考えられはするものの、他のクラスが得た程の理不尽なカードは得ていないと感じられ、Tier1は怪しそうな気がしており、超越ウィッチも他のクラスが得たカードに比べると収穫が少なく、Tier1は取れないだろうと考え、全体の評価を低くしています。
秘術ウィッチがTier1級ならレミラミ、炎熱の術式、パメラはS評価相当。超越ウィッチがTier1級なら氷像の召喚はS評価相当だと考えています。
…色々と考えているうちに秘術ウィッチ結構強いかもと感じ始めているので、秘術ウィッチ絡みのカードを低くつけたことを後悔しそうな気がしています。超越に関しては現状意見変わらずなので、超越一強環境とかになったら嘲ってくださいorz

S評価 0枚

該当なし

A評価 6枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ネクロマンサーカードのランキング

ダークネス・エボルヴのネクロマンサークラスのカードと評価一覧ページです。

ネクロクラスのデッキとしては元々メジャーな型として、アグロネクロ、ミッドレンジネクロ、コントロールネクロという型が存在してきました。しかし、現行環境では冥府エルフが幅を利かせており、ミッドレンジネクロやコントロールネクロは相性がかなり悪い~絶望であるため、現状ではアグロネクロだけが生き残っている状況です。
ダークネス・エボルヴ環境のネクロのデッキとしては、アグロネクロやミッドネクロに蝿の王を入れただけのデッキや、ケリドウェン骸の王を搭載したアグロ・ミッドネクロが簡単に作れるそこそこのパワーデッキとして考えられます。一方で、死霊の宴によるデスタイラントデッキも強力なデッキとして現実味を帯びているように考えられます。
解りやすく強化された他の一部クラスと違って、デッキの自由度が大きく増したクラスだと言えそうです。
自由度の高さ故に構築難度は高そうですが、Tier1を生み得るパワーカードを得たと言えそうなため、どこかのタイミングで一次元上の強力なデッキが誕生しそうなクラスだと言えそうです。

S評価 4枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ヴァンパイアカードのランキング

ダークネス・エボルヴのヴァンパイアクラスのカードと評価一覧ページです。

ヴァンパイアクラスのデッキは、現時点ではかなり虐げられているのであまり環境では目にしませんが、最もメジャーなデッキはコントロールヴァンパイアで、次点はアグロヴァンパイア、さらにマニアックなものとしては冥府ヴァンパイアあたりまであります。
新弾のカードは既存のヴァンパイアデッキをいずれも大幅に解りやすく強化したものだと言えるでしょう。
エルフクラスの勢いが留まる気配はなく、リノセウスによる復讐外からのリーサルが顕在なことが予想されるため、相変わらずコントロールヴァンパイアにとっては楽ではない環境が続きそうな気配が漂っています。一方でアグロヴァンパイアはTier1候補として挙げられることも多く、私自身強そうだと考えています。

S評価 3枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ドラゴンカードのランキング

ダークネス・エボルヴのドラゴンクラスのカードと評価一覧ページです。

現環境におけるデッキとしては、疾走ドラゴン、フェイスドラゴンがメジャーな型として存在します。
根源への回帰ナーフと追加カードから、疾走特化してないランプドラゴンや、竜巫女の儀式搭載のディスカードドラゴンなどが他のデッキタイプとして考えられそうです。全リーダーに間接打点除去が実装されたことなどあり、フェイスドラゴンは風向き悪そうですが。

カード評価は綺麗に分布していますが、ディスカードドラゴンが形にならなければTier1入り出来そうか怪しいリーダーだと思っています。
「強そう」という印象だけで具体的な構築が脳内でまとまる前から強い前提で格付けしたので、大幅に間違えている可能性のあるリーダー。ディスカードドラゴンがおもちゃとして広く愛されるデッキとして終わるのか、誰かが強力なデッキとして完成させるのか、今から楽しみですね。

S評価 3枚

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】ロイヤルカードのランキング

ダークネス・エボルヴのロイヤルクラスのカードと評価一覧ページです。

ロイヤルクラスのデッキは、現行環境ではほぼミッドレンジロイヤル一強の状況ですが、アグロロイヤルなども存在しています。
今弾ではミッドレンジロイヤル寄りのカードは特に不作で、ほとんど強化されない憂き目に遭っているのですが、根源への回帰を受けて乙姫の価値が上昇しており、盤面を取るタイプのゲーム進行でゲームに勝利出来るプランを採りやすくなりました。
また、アグロロイヤルで採用枠に入るカードには選択肢が多く生まれたと思います。また、冥府ロイヤルも回しやすくなったのではないかと考えられます。
カードプールからはその他にコントロールロイヤル、潜伏ロイヤルが型として作成可能そうですが、可能性を感じられるデッキだとは少し思い難いです。

ロイヤルがTier1に入ることは困難だと考えたため、1枚もS評価として扱いませんでしたが、渾身の一振りは汎用性も高く、ミッドレンジロイヤルがTier1に残留しそうな雰囲気があればS評価を付けても良いと思います。
強カード指定したカードが全て地味なことからも解るように、今弾では明確に冷遇されたクラスだと言えます。流石にレジェンドがゴミ認定はやり過ぎ。。。
総カード数は14枚です。

S評価 0枚

該当なし

A評価 6枚

続きを読む