星神の伝説事前評価比較

ワンダーランド・ドリームズは3度のナーフを受け、原型を留めない新弾となりましたが、今日は楽しい新弾リリース日です。
私個人は自身のプレイングスキル向上が勝率に反映出来るかどうかが最も重要な楽しさの基準だったりするので、なんだかんだシーズン通して楽しめた類の人だったりするのですが、ニュートラル構築の代わり映えのしない展開模様が凄く不満だった人は多かったようです。
私個人のワンダーランド・ドリームズへの大きな懸念は、超が付くほどの先攻有利アグロ塗れクソ環境になる不安だったのですが、実際には一番酷い時期でもちょっと腹立つレベルには先攻有利だけど酷い引き格差が無ければ腕前の差があればどうにかなることが多い、ぐらいの先攻有利度だった気がしますね。
ただ、「ニュートラルが多くなり過ぎて飽きるんじゃないか」という不安を挙げた人の不安はまぁ的中する形になりましたね。9月末アリスナーフという結果は運営側が想定の甘さを認めた形になるナーフだったのかな、と。(そもそも、なんでニュートラルを強化したら盛り上がると思ったのかは謎ですがw)

さて、そんな波乱万丈なワンダーランド・ドリームズでしたが、星神の伝説も現行環境の再三に渡るナーフに続けて、パワーの低いカードの先行紹介が続き、極め付けに滅殺の鎧なんていうゴミオブゴミのレジェンドを出して、割と温厚なユーザーまでブチ切れツイートをするという阿鼻叫喚もありましたが、カードが出揃ってみれば「楽しみ」とする声の方が大きくなっているように思います。
私自身、ワンダーランド・ドリームズは楽しみさよりもむしろ環境がぶち壊しになる不安の方が大きかったぐらいでしたが、星神の伝説のリリースは今までの新弾の中でも一番楽しみかもしれません。ドロソが嫌いなカードゲーマーはいないのです(ぁ
全体として、ゲームを台無しにする畏れのあるパワーカードも枚数は少なく、パワーカードは選択肢を増やすような形に設計されたものが多いように思います。
ワンダーランド・ドリームズもニュートラル昏きという化け物デッキが僅か2日で開発されてしまうまでは、過去最高に楽しい環境が続いていたところから急転直下で前代未聞のクソ環境と呼ばれるところまで落ち込んでしまったので、星神の伝説でも誰かが凄いデッキを開発してしまうとアレかもしれませんが、ともあれ随所に工夫は見られたと思っています。

さて、全体の総評はこんなものとして、今回もメンテ中の暇潰しの種として、星神の伝説の新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめています。
また、強豪プレイヤー14名の新カード評価まとめでも私と13名の強豪プレイヤーの評価まとめが載っていますので、未読の方はそちらの方もご覧になると面白いかもしれません。
なんかもう、並べた時点で「流石にAは付け過ぎたな、死にたい」と思うカードがいくつかあって既に反省会フラグなのですが、意見の割れているカードなんかは特に見どころだと思います。

さて、実際に評価比較への移っていきたいと思うわけですが、サイトごとに評価基準は異なるかと思いますが、私の基準は概ね

S評価:Tier1級のパワーを持ったデッキの核になる、またはTier上位級のデッキ複数で頻繁に積まれることが予想されるカード。
A評価:キーカードではないもののTier上位の何かしらのデッキにおいて常連になることが予想されるカード。または、そこそこのコンセプトデッキのキーカード。
B+評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて実際にそこそこの比率で採用される可能性が高いと考えているカード。またはおもちゃの主原料。
B-評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて採用選択肢には入ってくるかもしれないが、実際に採用される可能性は低いと考えているカード。
C評価:まともなデッキに入ってくるとは思えないが、そのカードを出すことで解決する場面が存在すると思っているカード。
D評価:勝率を上げたいなら絶対にデッキインすべきではないと思っているカード。

のようになっています。
比較するサイトは

GAME BOX
GameAI
GameWith
アルテマ
AppMedia

となっています。
今回は新弾評価のテンプレを作られた方がいて、その影響もあり、いつにもまして新弾考察がお祭り感ありましたが、捕捉しきれないので無しでw
ずば抜けてセンスある評価してる人がいたらこっそり私に教えてください(

それでは、見ていきたいと思います。私の評価が高い順に並べていきます。
なお、今回は評価上位での違いは重い差で、評価下位での違いは軽い差と考え、S評価があるものは差が小さくても取り上げてみたいと思います。

妖精の調べ

GAME BOX S
GameAI B
GameWith B
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia S

恐らく、新弾で最も評価者の意志を反映するカードだと思います。
先攻からの理想ムーブが明らかな理不尽ムーブになるカードなので、通常であればパワーに気付いたかどうかというただの新弾評価リテラシー篩分けカードなのですが、新弾のエルフが強い型を想定出来過ぎて、妖精の調べを採用する型を最強の型だと思っているかどうかという話になってきています。
GAME BOXがアグロ継戦型のエルフを推していることは記事を読んでくださった方なら伝わっていると思いますが、AppMediaさんも似たアーキタイプを推していることが解ります。
一方、アルテマさんはキングエレファントOTKエルフを推しています。キングエレファントOTKに妖精の調べを入れた形というのはやや想像に難いので、恐らくはキングエレファントOTKが最強と思いつつも、2番手に継戦型のエルフが来てそれもTier1かTier2程度に収まると考えているのでしょう。
GameAIさんとGameWithさんは継戦型エルフの評価は低そうです。妖精の調べに関する焦点は継戦型エルフがTier1ないしTier2となるかどうかに掛かっていると言えそうです。
ちなみに、シャドウバースでは継戦型エルフのことをテンポエルフと呼ぶ悪習があります。(本来、テンポってのはアグロ継戦デッキのことを指すわけではない)
シャドバ界はテンポエルフというデッキが誰のものであったか、もう一度思い出す時が来るかもしれませんね。

新緑の加護

GAME BOX S
GameAI B
GameWith B
アルテマ 6.5(B相当?)
AppMedia B

GAME BOXのみS評価となっています。
このカードの評価は割と割れている印象がありますが、全体的に低めの評価を付けているサイトが多い印象です。
一番相性が良い構築はOTKエルフだと言えると思います。
まぁ、新緑の加護に関しては既に3投入りのレシピを開発済みですので、予定通りのパワーがあればドヤりに来る予定です( ̄ー ̄)ニヤリ

天界への階段

GAME BOX S
GameAI B
GameWith B
アルテマ 8.0(A相当?)
AppMedia A

これは強いだろうと思っていたカードですが、Sを付けている攻略サイトはGAME BOXのみ、強豪評価でも私だけと孤立しているカードです。
TLにちょこちょこ流れてくる評価を見てもSを付けている人は非常に少ないです。
まぁ、これに関しては、正直、

「あー、勝ち終わったわぁwwww」

ぐらいに私は考えているのですが。
Tier神入りが予想されるエルフには今のところ入るとは思っていませんが、コンボデッキのドローソースとして、コンボ自体のトリガーとして、有効な場面が山ほど想像できています。それら全てがTier圏外なんてことはまずないと考えているので、評価の仕方によってA評価止まりになることは万が一としてあり得てもB評価以下ということはまずないと考えています。
3か月後が楽しみなカードです( ̄ー ̄)ニヤリ

原初の竜使い

GAME BOX S
GameAI B
GameWith D
アルテマ 4.0(D相当?)
AppMedia B

はい、おまいら、みんなまとめて反省会な?

期せずして今回のドヤ枠候補となってしまったカードです。GAME BOXは原初の竜使い入りのアーキタイプをドラゴンの本命アーキタイプと位置付けており、他のカードの評価も原初の竜使いと連動した評価となっています。
このカードを評価している人の少なさが尋常ではないため、不安になりそうですが、アリスがナーフされたことによる相対的地位の上昇もあり、個人的には割と自信ありです。いや、アリスナーフは織り込んでなかった上での評価ですけどw
原初の竜使いドラゴンが強かった場合、それに連動した高評価カードが軒並み単独正解してGAME BOX株うなぎ上りとなる一方で、弱かった場合、それら全てが単独不正解となり、お通夜のような反省会となります。
GameAIさん、AppMediaさんは評価保留、またはジャバウォック的な環境の賑わし扱いをしているのに対し、GameWithさん、アルテマさんは明確にゴミ扱いをしているため、全面戦争の様相を呈していますね。非常におっかなびっくり、楽しい感じです。

夜の令嬢・セレス

GAME BOX S
GameAI A
GameWith B
アルテマ 7.0(B相当?)
AppMedia S

ドヤ枠のつもりだったのに、意外と高評価付けてる人が多かったカードです。
ワンダーランド・ドリームズの緋色の剣士に近いカードだというのが個人的な見解です。
GameAIさんはS評価をかなり絞っているので、事実上Tier上位のマストインカードになると考えているGAME BOX、GameAIさん、AppMediaさんとそうは考えていないGameWithさん、アルテマさんの評価バトルだと言えそうです。

心優しきエルフ・フィト

GAME BOX S
GameAI B
GameWith C
アルテマ 7.0(B相当?)
AppMedia S

このカードも継戦型エルフを評価しているかどうかを色濃く反映したカードとなっています。
GAME BOXでは新緑の加護をS評価しているため、新緑の加護とのシナジーを見込んだ利用を想定していることが解ります。
一方、AppMediaさんは継戦型エルフを評価している点ではGAME BOXと一致しているものの、新緑の加護はB評価です。妖精の調べとのシナジーだけではS評価には明らかに不足しているため、ブレスフェアリーダンサーやエフェメラ、風神、シンシアなどによるバフを計算に入れた採用となっていると言えそうです。
アルテマさんは継戦型エルフは一定の評価をしているものの、フィトはそこまで重要ではないと判断していそうです。
GameAIさん、GameWithさんは継戦型エルフをあまり評価していないので一貫した評価となっていると言えそうです。

クーフーリン

GAME BOX S
GameAI B
GameWith A
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia B

スーパー汎用カードとして高評価をほしいままにするかと思われたクーフーリンですが、評価が割れました。
S評価陣は単独のロイヤルのアーキタイプではなく、複数のアーキタイプで常連になるという評価をしており、B評価陣はどのアーキタイプでもせいぜい選択肢程度というイメージでしょう。
環境が固まってきた時にどのようになっているか非常に楽しみです。

カシオペア

GAME BOX S
GameAI A
GameWith S
アルテマ 9.0(S相当。最高評価)
AppMedia A

GameWithさんは5枚しかないSの、アルテマさんは6枚しかない9.0の1枚として送り出しているので、本命中の本命といった感じでしょうか。
GAME BOXは13枚とかなり多いSの中の1枚なので、少し濃度が低く、個人的にも環境の中心として常に意識すべきカードとは思っていても確実にデッキインするとまでは思っていません。
GameAIさんはSを4枚と壮絶に絞っているため、A評価と言っても濃度はGAME BOXと同程度と言って良いでしょう。
一方AppMediaさんは13枚のSの中にすら入れていないということなので、かなり低めの見積もりになっていると言えそうです。
これらから、Tier1のエルフに確定インされるようならGameWithさん、アルテマさんの勝利。それ以外なら残り3メディアの勝利といったところでしょうか。
てか、アルテマさんは10段階評価にしたので8.5という評価もありますが、GameAIさん、GameWithさんは相当Sを絞りましたね。面白い考察戦になりそうです。

トワイライトクイーン

GAME BOX S
GameAI A
GameWith S
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia B

GameAIさんはS評価を絞っているのでGAME BOXのSやアルテマさんの8.5とは大差ない可能性があります。
GameWithさんは5枚しかないS評価の1枚なので、本命の一つと言えるでしょう。
一方でAppMediaさんは超強気のB評価を行っています。
トワイライトクイーン3投安定のTier1構築が生まれればGameWithさんの一人勝ち。逆にトワイライトクイーン必須デッキが上位Tierに現れなければAppMediaさんの一人勝ち。上位Tierにそこそこトワイライトクイーン入りの構築が見られる程度ならその他3サイトの勝ちと言った感じになりそうです。

白翼の守護神・アイテール

GAME BOX S
GameAI S
GameWith B
アルテマ 6.5(B相当?)
AppMedia S

かなり高評価を貰っていることの多いカードでしたが、攻略サイト陣では存外割れました。
GameWithさんは焼けた鉄靴も低評価なので、そもそもアイテールが活躍するようなコントロールビショップを評価していないということかもしれません。星導の天球儀は評価していたので、ナーフ前の獅子ビショップをビショップの本命アーキタイプと考えていたのかもしれませんね。
アルテマさんは焼けた鉄靴は評価しているので、コントロールビショップ自体は評価していると言えそうです。星の奔流の高評価と合わせてセラフビショップを本命に据えているということでしょうか。
コントロールビショップがTier上位に名を連ねることがあるか、連ねるとしたらそれはアイテール入りなのかというのが重要でしょう。
なお、GameAIさんは4枚しかないS評価をここに切っているため、アイテールビショップをかなり本命に据えていると言えます。

星導の天球儀

GAME BOX S
GameAI A
GameWith A
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia S

見かけ上評価が割れているように見えて全く同じ評価なカード。
Sを付けてないサイトはS評価を絞っていて、Sを付けているサイトはSを沢山付けてます。
汎用便利カードをS評価にするかどうかの評価基準の違いだと言えます。

デビルシープ

GAME BOX S
GameAI B
GameWith B
アルテマ 4.0(D相当?)
AppMedia C

このカードをS評価したやつ、他におる?(震え声
私も最初はひよってA評価にしようと思っていたのですが、考えれば考えるほどアドバンテージ量が半端なかったので気の迷いで自信をもってS評価にしました。
復讐ヴァンパイアの勝ち筋のパターンを増やすのに有効であることが評価の基本根拠で、その部分だけでA評価をしていたのですが、復讐ヴァンパイアが環境を取るイメージはあまり沸いていません。
このため、どちらかというと気持ち悪いデッキ枠の方で活躍して頂く必要がありそうです。
マジ頑張れ。俺はデビルシープを超応援してる。

ヴィーナス

GAME BOX A
GameAI A
GameWith S
アルテマ 9.0(S相当。最高評価)
AppMedia S

各サイトSかAということになっていますが、割と強い意志が表れているカードとも言えます。
このカードの評価を軸に各攻略サイトが何エルフを推しているのかが見えます。
GAME BOXはどのエルフにも入り得るけどマストカードではないぐらいの読みをしてAにしています。推しは妖精の調べSから解るように、継戦型エルフです。
GameAIさんは対空射撃をSとしつつも他のエルフカードは最大でA評価としており、どの型のエルフを推すかは特に決めていない感があります。どのエルフにでも入り得るという読み自体はGAME BOXと同様と言えそうです。
GameWithさんは対空射撃、ヴィーナス、カシオペアがS、新緑の加護がBなので、新緑の加護入りでないOTKエルフを想定した評価を付けていることが解ります。
アルテマさんはキングエレファント、カシオペア、ヴィーナス、対空射撃がSとなっており、キングエレファントを利用したコントロールOTKが本命デッキだと解ります。
AppMediaさんはヴィーナス、妖精の調べ、イピリア、対空射撃、フィトがS評価ですので、アグロエルフをベースにした継戦型エルフが本命だと解ります。
こうしてみると、どのサイトがどのエルフが頂点に立つと予想しているかが明確に予想出来、一つの新弾考察の山場を形成しているのが解りますね。

アンドレアルフス

GAME BOX A
GameAI S
GameWith A
アルテマ 9.0(S相当。最高評価)
AppMedia B

非常に使い勝手の良いネクロのドローソースとして降臨したカードですが、GameAIさんが4つしかないS評価を、アルテマさんがエルフ以外では2枠しかない9.0評価を付けています。
一方で対比的なのはAppMediaさんのB評価となっており、これはかなり火花が散っていそうです。
GameAIさん、アルテマさんはその最高評価の数からしてTier1本命デッキの3投カードと判断していることが想定されます。
GAME BOX、GameWithさんはTier上位でそこそこ見掛けることになるんじゃないか、ぐらいの緩い評価だと言えそうです。AppMediaさんはアーキタイプ中選択肢程度、現在のスカルウィドウぐらいの位置付けで終わると考えていそうですね。
これも評価の分水嶺となりそうなカードだと言え、面白そうです。

円卓会議

GAME BOX A
GameAI B
GameWith A
アルテマ 9.0(S相当。最高評価)
AppMedia A

アルテマさんが6枚しかない最高評価の1枚をここに切っています。6枚のうち4枚はキングエレファントOTKのパーツですので、Tier1を読み切った尖った評価をしていると言えます。
GameAIさんが積極的にそこまで強くはない評価を付けている以外では他サイトは高い評価ではあるものの、Tier1構築の核を成すとまでは思っていないという感じのように見えます。
円卓会議はアグロロイヤルのプリンセス・ジュリエット確定サーチで使うか、指揮官系のミッドレンジ、コントロールロイヤルで使うかといった用途が想定されています。これらのロイヤルがTier1に居座れるかどうかというのが評価の分水嶺になりそうです。

静かなる炎将・マーズ

GAME BOX A
GameAI A
GameWith B
アルテマ 6.0(B相当?)
AppMedia S

そこそこ評価が分かれました。AppMediaさんのみ高評価となっています。
AppMediaさんはルーの評価も高かったので、ミッドレンジロイヤルで何らかの強い構築を想定していそうですね。
静かなる炎将・マーズは地味ながらアドバンテージ量が多いので、私もA評価ながらそれなりに注目はしているカードで、どのようになるか結果が楽しみです。

星読みの魔女・ステラ

GAME BOX A
GameAI B
GameWith C
アルテマ 6.0(B相当?)
AppMedia S

評価が驚くほど割れました。
AppMediaさんがガン推ししていますが、詳細ページにはヴィーナス引いたらハンドアドバンテージが鬼とのことで、そのハンドをどう活かすか教えてくれってなったのは内緒です(
基本的には気持ち悪い系のデッキで扱われるカードだと思います。気持ち悪い系のデッキがどこまでやれるかがこのカードの評価とそのまま連動しそうです。

絡み付く鎖

GAME BOX A
GameAI S
GameWith C
アルテマ 7.5(A相当?)
AppMedia A

GameAIさんが4つのS評価の1つをここで切ってきています。
全体的に汎用性の高いカードをS評定している感があるので、必ずしもTier1本命というわけではなく、Tier1本命、またはTier上位常連の複数デッキへの投入という考え方かもしれません。
GAME BOXはデビルシープを強気のS評定しているので絡み付く鎖もTier上位のデッキのマストインパーツぐらいには思っているのですが、メインパーツとは思っていないのであくまでAの扱いとしています。
GameWithさんが極端に低い評価を付けている以外は全体的に高めの評価になっています。恐らく、1点与える同士よりも群れなす飢餓の方が強いという判断なのでしょう。
このあたりを踏まえて環境で絡み付く鎖がどのような役割を果たすのかを見ていくと非常に面白そうです。

純心の歌い手

GAME BOX A
GameAI A
GameWith C
アルテマ 5.0(C相当?)
AppMedia A

優秀なドロソとして高評価を付けている人も多いカードですが、GameWithさん、アルテマさんが低評価を付けています。
盤面重視の環境になるという読みでしょうか。
アリスのナーフを受け、少し使い勝手が落ちましたが、それでも私の中ではA評価が付くカードだと思います。
このカードが弱かったらコントロールは厳しそうです。
これは結果を開けてみるのが楽しみなカードですかね。

イピリア

GAME BOX A
GameAI A
GameWith C
アルテマ 7.5(A相当?)
AppMedia S

イピリアも継戦型エルフの評価とある程度連動するカードです。イピリアの評価が高い程アグロ要素を高く見積もっていると言えるでしょう。
GAME BOXは継戦型エルフを本命としながらもランダム除去や森の意志カシオペアなどが環境に蔓延しそうなため、容易に破壊されやすいイピリアの評価を下げました。アルテマさんも妖精の調べに比べてやや低めの評価となっています。
一方でAppMediaさんはイピリアガン推し、新緑の加護も低評価なので、恐らくゴブリンあたりも積んで1コストから確実に仕掛けられるようなアグロエルフベースの構築を想定しているのだと思われます。
GameWithさんは継戦型エルフを評価しないことに関して一貫した態度を取っています。
GameAIさんは継戦型エルフに採用されるであろう他のカードを評価していないので、イピリア単独での利用を想定しているのでしょうか。ちょっと一貫性を欠いた評価のようにも見えます。

ファングサーペント

GAME BOX A
GameAI C
GameWith C
アルテマ 6.0(C相当?)
AppMedia C

評価低く付けてくる人が多いだろうとは思っていましたが、まさか誰も評価しないとは…
強豪評価でもほとんど全員Cだったんですが、マですか?
割とコントロールデッキのキーカードだと思いますので、まぁ、見ててください。S評価ではなくA評価なので問題なくクリア出来ると考えています。
個人的に最も安心してるドヤ枠。

ゾディアックデーモン

GAME BOX A
GameAI C
GameWith S
アルテマ 8.0(A相当?)
AppMedia B

激しく割れました。
GameWithさんは5枚しかないS評価の1枚なので本命中の本命の1枚ということになります。
GAME BOX、アルテマさんはそこそこの高評価、AppMediaさんはおもちゃ扱いと言っていいでしょう。
一方でGameAIさんは攻略サイトならとりあえずB以上は付けそうなこのカードでCというかなり思い切った低評価を付けています。
Tier1に君臨すればGameWithさんの勝ち、とりあえずTier入りすればGAME BOX、アルテマさんの勝ち、おもちゃレベルならAppMediaさん、GameAIさんの勝ちといったところでしょう。ただし、もしおもちゃレベルなら特にGameAIさんの尖り勝ちといった感になりそうですね。

エウリュアレー

GAME BOX A
GameAI A
GameWith B
アルテマ 8.0(A相当?)
AppMedia S

AppMediaさんのみS評価でした。
GameWithさんが少し低めの評価ですが、全体的にまぁまぁ強そうぐらいの扱いになっていそうです。
ヴァンパイアは復讐やアグロが序盤に伸びてきそうなことを除くとどのような構築が伸びてくるか想像しにくいため、なかなか楽しみですね。

焼けた鉄靴

GAME BOX A
GameAI B
GameWith C
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia A

A付近で評価が固まると思っていたので想定外だったのですが、GameWithさんが特別低評価を付けています。
GameAIさんもコントロール寄りのビショップならまぁ入るとは思っていない評価の付け方をしていますね。
場に残ることの邪魔さを重くみた評価ということでしょうか。私はむしろ星追いの精霊とシナジーして〇というイメージですが。
実際にコントロールビショップで邪魔扱いされるのか関係なく積まれるのかというのが焦点となりそうです。

エストレアビースト

GAME BOX A
GameAI C
GameWith E
アルテマ 4.5(D相当?)
AppMedia C

原初の竜使い枠です。間接打点で落とせない3/2/3の盤面維持能力は尋常ではないため、かなり強力な予定です。
新弾環境で恐らくかなり暴れるであろう超越ウィッチに対しても強力なカードなため、自然に入るメタ枠としても評価しています。
原初の竜使いがフィズったらそのままここも爆死予定ですが、ここはドヤ顔予定地です。

太陽の槍・ルー

GAME BOX A
GameAI B
GameWith A
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia S

AppMediaさん、アルテマさんがS相当の評価とかなり高く付けています。
一方でGameAIさんは比較的低めの評価です。
ロイヤルのトップアーキタイプにマストインされるカードなのか、トップではないにせよ主要アーキタイプでマストインするものがあるのか、選択肢程度のカードでしかないのかといった評価の別れ方でしょうか。
このカードの評価は非常に高く付けている人も多く、面白いカードの一つだと言えますね。

フェンリル

GAME BOX A
GameAI B
GameWith C
アルテマ 6.0(B相当?)
AppMedia B

そんなに争点という感じでもないですが、GAME BOXはコントロールヴァンパイアでかなり使われる読みをしていて、GameWithさんは常連カードになることは絶対に無いぐらいの低評価となっています。
他のサイトは特に強いとも弱いともと言った感じですね。

マジックオウル

GAME BOX A
GameAI B
GameWith C
アルテマ 3.0(E相当?)
AppMedia C

GAME BOXのみ高評価というもう見慣れた光景です。でもみんなBぐらいかと思ったらアルテマさんに至ってはゴミ扱いしてるレベルでしたw
スペルウィッチで採用されるかどうかが全てでしょう。
最速最強行動になり得るカードなので強いと思うんだけどなぁ。要チェックでしょう。
納得いかなかったら自分で使いますw

神秘の指輪

GAME BOX A
GameAI C
GameWith A
アルテマ 2.0(E相当?最低評価)
AppMedia A

評価の難しいカードオブザエキスパンションという感じのカードでしたが、見事に割れました。
特にアルテマさんの強気っぷりが半端なく、単独最低評価を下しています。
手札が余った上でキーカードがダブると困るデッキは実戦上は存在しないという強い意思表示を感じます。
はっきり言ってもっと歯牙にも掛からないゴミカードはあるので流石に適正評価ではないと思いますが、堅い意志表示と考えると感慨深さを感じます。
ともあれ、これはA評価サイト群と低評価サイト群との評価の火花が散りに散っているカードだと言えます。
流石に少なくともスペルウィッチ系のいずれかのデッキで採用されると思うので、勝った気ではいます。

竜を育む者・マチルダ

GAME BOX A
GameAI C
GameWith E
アルテマ 5.5(C相当?)
AppMedia C

これも原初の竜使い枠です。こちらはエストレアビーストと違い、原初の竜使い構築でも入らなかったらどうしようという一抹の不安があります。
手札を消費しない処理札なので、他にもパチンコなどでの採用があり得るため、一応逃げ筋はあります。
GameWithさんはこのカードをE評価したことを悔いることになるでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

竜の峡谷

GAME BOX A
GameAI C
GameWith D
アルテマ 4.0(D相当?)
AppMedia C

GAME BOXのみ高評価でした。
このカードが多くの評価者によって評価されないのは織り込み済みなので、今回のドヤ枠なのですが、如何せん私はドラゴンの本命アーキタイプは原初の竜使いデッキだと思っています。
このため、誰かランプドラゴン好きな人に頑張って貰わないと強さを証明できなくて困っています(ぁ
誰か証明してください(((
誰もやってくれなかったらどっかで暇なタイミング見つけて配信で10連勝してきます(´・ω・`)

星追いの精霊

GAME BOX A
GameAI C
GameWith D
アルテマ 6.0(B相当?)
AppMedia C

焼けた鉄靴と相性が良く、4ターン目でも2ドロー出来ることがある他、2ドロー以上出来る機会はそこそこありそうなカードで、スタッツも悪くはないです。
ですが、思ったより評価が激低となっています。
軽い除去をポンポン撃ちながらドローでキーカードを探しつつリソース拡充出来るのでコントロールビショップでかなり強いと思ったのですが、賛同はあまり得られていませんね。枠を作る努力も必要なカードだと思いますので、アイテールイージスなどで頑張って自分自身で道を開くとしましょう。
上手く行ったらドヤ、行かなかったら反省会案件ですねw

パニッシュシスター

GAME BOX A
GameAI B
GameWith E
アルテマ 3.0(E相当?)
AppMedia C

知ってた。
新緑の加護入りのエルフがどのぐらい流行るか、バフ効果入りのアグロロイヤルがどれぐらい流行るかによってパワーが規定されます。
これらのデッキがあまり流行らなければC評価以下が妥当でしょう。
逆にこれらのデッキが片方Tier1もう片方Tier2以上ぐらいになるようであれば、ビショップで採用すべきカードとなり、満面のドヤ顔が出来そうです。
多分今回一番尖った評価をしたカードの一つ。

スコルピオ

GAME BOX A
GameAI C
GameWith C
アルテマ 7.0(B相当?)
AppMedia B

書いてあることが強かったからつい高評価付けてしまったカード(死
書いてあることは強いものの、解りやすい使い道があまり思いつかないですね(ぁ
当初はコントロールヴァンパイアでの採用を考えていましたが、冷静にコントロールヴァンパイアは2コストのフォロワーを積まなくても回るわけでw
ミッドレンジヴァンパイアや気持ち悪い系で利用されることを夢見つつ処刑執行の時を待つことになりそうです。
書いてあることが強いからきっと何か使い道が生まれるはず。

抜刀術

GAME BOX A
GameAI C
GameWith C
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia A

ごめん、テキスト好き過ぎて評価歪んだ気がする。
正直、単独不正解も已む無しぐらいに思っていたのですが、アルテマさんがS相当の超評価を付けているほか、AppMediaさんもA評価でした。
これに関しては私は旅ガエルムキムキデッキの3枚目以降の旋風刃としての使用を想定していたので、旅ガエルのナーフで評価がずれた可能性が高いのは仕方がないかなぁという気持ちもあります。各攻略サイトともナーフ情報確定以後は評価を更新していなかった気がしますし、同じことを他2サイトも考えていたのかもしれません。
私が考えていなかったような革命的な使い方を考えている人もいるかもしれませんので、それに期待したいですかね。
GameAIさん、GameWithさんのニヤつき顔が目に浮かんできそうです((

堕天使・イヴリシア

GAME BOX B+(B相当)
GameAI C
GameWith C
アルテマ 8.5(S相当?)
AppMedia A

かなり評価の割れたカードです。
アルテマさん、AppMediaさんはアグロにおける役割を高く評価しているようです。
GAME BOXではアグロでの役割を評価するものの、あくまでメタ次第ぐらいの読み。
GameAIさん、GameWithさんはかなり低い評価となっているようです。
アグロなら入るよね、という結論になればアルテマさん、AppMediaさんの勝ち、アグロでもあんまり入らないよねとなれば残り3サイトの勝ちと言った感じになりそうですね。

キングエレファント

GAME BOX B+(B相当)
GameAI B
GameWith B
アルテマ 9.0(S相当。最高評価)
AppMedia A

アルテマさんが6枚しかない最高評価をキングエレファントに切ってきました。
他のS評価もエルフに寄っていますが、エルフがTier1を独占し、その型の一つにエレファント型があると考えているか、エルフ同士の血みどろの戦いの末、キングエレファントがその名の通りキングになることを想定しているかでしょう。
ただ、ヴィーナス、カシオペアにも9.0を付けていることから、コントロール系のエレファントエルフを最強と思っている評価の付け方に見えますね。
それ以外ではAppMediaさんがそこそこ高い評価を付けているのが目立ちますね。Tier内常連程度のデッキになるようならAppMediaさんの勝ちと言えるでしょう。
他サイトではワンチャンカード程度の認識だと言って良さそうです。

星の奔流

GAME BOX B+(B相当)
GameAI B
GameWith E
アルテマ 7.5(A相当?)
AppMedia C

セラフビショップをどの程度のデッキだと考えているかがほぼそのまま反映されていると言えそうです。
アルテマさんはビショップの中では本命アーキタイプをセラフビショップと考えているように見えます。
GameWithさんのコントロールビショップ切り捨てはかなり徹底しており、なかなか尖った評価の仕方になっていますね。

ベレヌス

GAME BOX B+(B相当)
GameAI B
GameWith D
アルテマ 6.0(B相当?)
AppMedia A

AppMediaさんのみ高評価でした。
逆にGameWithさんは積極的に弱いカードとして扱っています。GameWithさんはトワイライトクイーンをS評価しているので、アンチシナジーを嫌っての低評価と言えるでしょう。
B評価組は特に拘りのあるカードではないと思うので、この決戦がどちらに軍配が上がるのかといった感じでしょう。

ブリンディ

GAME BOX B+(B相当)
GameAI B
GameWith B
アルテマ 6.5(B相当?)
AppMedia S

AppMediaさんが強気のS評価を付けています。
どのようなデッキにでも入り得る汎用性の高さを推しているようです。
ただ、これに関してはアリスのナーフの影響を受けて評価は落ちていることが想像されるのでこのまま受け取るのは流石に酷な気がします。

スタープリーステス

GAME BOX B-(C相当)
GameAI D
GameWith C
アルテマ 7.0(B相当?)
AppMedia A

AppMediaさんのみ高評価でした。
肝心の解説は…編集中でした(汗
疾走ビショップ的なものを評価しており、そこに入ってくる読みなのでしょうか。
とりあえず、環境で使われるのか見てみたいところです。

魔族の少年・ザイン

GAME BOX B-(C相当)
GameAI B
GameWith A
アルテマ 8.0(A相当?)
AppMedia B

使うとしたら継戦型エルフでの採用になると思うのですが、継戦型エルフ推しのGAME BOXとAppMediaさんは低評価です。
このカードが高評価を得る理由がちょっと思い付かないので、これに関しては環境見て実際に活躍したら私がノーセンスだったと土下座ですかね((

ギガントキマイラ

GAME BOX B-(C相当)
GameAI A
GameWith C
アルテマ 7.0(B相当?)
AppMedia A

割と評価が割れました。個別評価を見た感じではA評価のサイト群でも次元の超越との使い分けについての熱い解説が見られなかったので残念です。
はっきり言って普通に使えば次元の超越の劣化カードでしかないと思いますので、超越ウィッチの4枚目以降の超越として使われることがあるのか、超越ウィッチ以外のスペルウィッチのフィニッシャーとして採用可能性はあるのかといったところが焦点になると思われます。

竜の未来視

GAME BOX B-(C相当)
GameAI D
GameWith D
アルテマ 7.5(A相当?)
AppMedia B

アルテマさんが高評価を付けています。
原初の竜使い推しでそのサーチカードとして考えやすいGAME BOXがゴミ扱いしているところをかなり強気推しです。
4コストエンハンスでのドローソースとしての効果を推しているようですが、それならC評価を付けている純心の歌い手の方が優れているような…?

暴威のゴーレム

GAME BOX B-(C相当)
GameAI C
GameWith D
アルテマ 7.5(A相当?)
AppMedia C

アルテマさんが謎の高評価を付けています。
基本的には総スカンカードだと思っていましたが、果たしてどうなるか。
アルテマさんもスタッツの低さがネックとは言っていますが、それを織り込んだ評価を全サイトしているつもりのはずなので、結果を待ちましょう。

総括

A評価以上を付けたサイトがあるものに絞って差異が大きいものを抽出したのですが、まさかここまでの数になるとは…
全サイトが共通してS評価を付けていたカードは対空射撃のみでした。
その対空射撃に関しても、

GAME BOX : テンポエルフ
GameAI : 満遍なく
GameWith : OTKエルフ
アルテマ : エレファントOTKエルフ
AppMedia : アグロエルフ

と推しているアーキタイプが異なるというカオス状況で、驚くほど評価が一致しない新弾事前評価でした。
とはいえ、エルフをTier1最有力候補だと看做しているのはほぼどのサイトも共通っぽいですね。
どのエルフが覇権を取るのか、楽しみです。

また、二番手以降のデッキに関しては大雑把に、

GAME BOX : ネフティス、原初の竜使いドラゴン
GameAI : イージスビショップ、コンボネクロ
GameWith : コンボネクロ
アルテマ : アグロロイヤル、ラスワネクロ
AppMedia : ミッドレンジロイヤル、素直なミッドレンジネクロ

あたりを強めに推していたように感じました。うん、自分そこまでネフティスと原初の竜使いドラゴンガン推ししてるつもりないので、他のサイトの2番手も読み間違えているかもしれないですw(キーカード!ってほどのカードを選定しにくい分A評価だらけになっているロイヤルなんかは実は評価高めです。)
また、新弾評価ではほぼ登場しなかったランプドラゴンや既存のミッドレンジネクロを実は推しているなんてこともあるでしょう。
ともあれ、十人十色な新弾評価が出来てしまうということで、非常に楽しみですね。

チラシの裏

S評価付けたフォロワーぐらいもうちょっと詳しく解説してくれーヽ(`Д´)ノプンプン

SNSでもご購読できます。