テンポエルフ対秘術ウィッチのプレイング1

20161105_haishin2b

上記画像は、テンポエルフでランクマを回す配信中に出くわしたリスナー間や私とでかなり意見が割れた場面です。この場面の最善行動が何かについて考えてみたいと思います。
下に私なりの考察と回答を書きますので、自分で考えてみたい方は下をスクロールせず考えてみて頂ければと思います。

ちなみに相手は見ての通り秘術ウィッチで、自分はこちらのテンポエルフになります。
画面から解る情報ですが、相手のライフは10、こちらは20。進化権はこちらだけ一つとなっています。
それ以外の情報に関しては、重要だと思う情報は人それぞれ異なると思うので知りたい方はお手数ですが動画の方をご確認頂ければと思います。

プレイングの選択肢と検討

この場面、少ない労力で一掃するか、リーサルを狙うかという場面だということはお気づきでしょうか?
今回は、この2つのプランについて考えてみたいと思います。

盤面一掃プラン

盤面を一掃するには、森荒らしをレミラミに撃ち、ウォーターフェアリー進化でガーディアンゴーレムを破壊し、ベビーエルフメイでレヴィを破壊する動きを行います。その後はウィスパラーを出すか、フェアリーフェアリーと出すかになります。
返しの相手の行動で強そうな行動としては破砕の禁呪か、ノノの秘密実験室でしょう。
破砕の禁呪を使用された場合、返しでリノでリーサルをしないと守護が立って負けるプランが増えそうです。相手の残りライフが6、こちらのPPが7になりますので、フェアリー2体を置いていた場合、リノセウスを最後の導きでドローした場合に可能なムーブは

ウィスパラー→導き→フェアリー→導き→リノセウス

となってしまうので、5点でリーサルに届きません。一方でウィスパラーを出しておいた場合、

フェアリー→導き→フェアリー→導き→フェアリー→リノセウス

と動けるため、リーサル可能です。
返しがノノの秘密実験室だった場合、盤面が2/1フェアリー×2、メイ、ウィスパラー(/フェアリー×2)となります。
この場合、フェアリー×2を置いた場合でもウィスパラーを置いた場合でもリノセウスを引けば上記と同じ方法でリーサルに届きます。
(フェアリー×2の場合、5点にフェアリーが1点分フェイスに行けるのでリーサル)

これらを考えると、盤面一掃プランを取る場合、
森荒らし(レミラミ)→ウォーターフェアリー進化(ガーディアンゴーレム)→メイ(レヴィ)→ウィスパラー
の動きが強そうです。

ワンチャンリーサルプラン

実はこの場面、低確率ながらリーサルがある場面になります。
リーサルプランは
メイ→ガーディアンゴーレムにヒット→導き(メイ)→リノトップ→森荒らし(ガーディアンゴーレム)→リノ(進化6点)+2+2=10点
となります。
確率的には低確率ですが、翌ターン特にノノの秘密実験室を出されると厳しくなる可能性があるため強行を試みるプランと言えます。
理想プランは上記の通りですが、裏目の場合に勝ち筋が減りすぎないかというのを検討すべき場面です。

メイがレヴィに当たった場合、盤面一掃プランと同じプランを取ることが可能です。メイがレヴィに当たった場合はリーサル筋は消えるので、盤面一掃プランを選択するのが無難でしょう。
メイがガーディアンゴーレムに当たった場合、メイに導きを打ってから考えることになります。このパターンの場合、ガーディアンゴーレムに森荒らしを撃ち、2点はフェイスに入れてレミラミをフェアリーで討ち取り、ベビーエルフメイでレヴィを破壊します。破砕の禁呪リスクを考え、ウォーターフェアリーではなくフェアリーも追加してエンドでしょうか。盤面は2/1フェアリー、メイ、フェアリーで相手の残りライフは8で進化権が残る形です。破砕の禁呪の場合はリノを引けばリーサル可能。ノノの秘密実験室の場合、翌ドローでリノセウスを引けば問題なくリーサルですが、そこで引けなければリーサル出来ないので、導き1回分ドローチャンスが減ります。
メイがレミラミにヒットした場合、ウォーターフェアリー進化でガーディアンゴーレムを破壊し、導きメイで1体倒してもう一度導きメイで一掃するでしょうか。このパターンだと翌ターン破砕やノノが来た場合、リーサルが困難になり、負け筋が多くなると言えそうです。

私の回答とまとめ

そんなわけで、この場面で取るべき行動は、

森荒らし(レミラミ)→ウォーターフェアリー進化(ガーディアンゴーレム)→メイ(レヴィ)→ウィスパラー

だったと言えそうです。翌ターンリノトップ出来なかった場合にどう動くべきかに関しては別途考えないといけない可能性が高いですが。
相手が秘術ウィッチで長期戦厳しいという印象と、ワンチャンリーサルがあるという条件からリーサルプランに飛びつくとプレイングミスになるという好例でしたね。
ちなみに、私は動画ではワンチャンリーサルプランに飛びついた結果、レミラミに当たって相手の動き次第では負ける確率が高い状態になってましたw

追記

読者の方のプレイングで良さそうなプレイングがありましたので、紹介します。

森荒らし(レミラミ)→フェアリーアタック(ガーディアンゴーレム)→メイ→導き→メイ→フェアリーフェイス→ウォーターフェアリー

このプレイングの強みは進化権を温存出来ることです。
相手のライフ8、盤面2/1フェアリー、メイ、ウォーターフェアリーで返す形になります。
手札にフェアリーも1枚残りますので、返し破砕でリノを引いた場合、
フェアリー→導き→フェアリー→導き→フェアリー→リノセウス進化(8点)
でリーサル出来、返しがノノの秘密実験室だった場合も、
2/1フェアリーウォーター→ガーディアンゴーレム1破壊→フェアリー→導き→フェアリー進化ガーディアンゴーレム破壊→リノセウス→導き→リノセウス(8点)
でリーサル可能です。
2枚目の導きのドローでリノセウスを引くパターンのみが私の挙げた盤面一掃プランと比較した裏目となりますが、そこまでにリノセウスを引けない場合に最後の導きでお祈りすべきかは怪しいところです。
また、風神かシンシアを引いた場合、3/1フェアリーでガーディアンゴーレム破壊→ウォーターフェアリー、メイアタックでガーディアンゴーレム破壊と動くことで、翌ターンの相手の返しで風神シンシア除去かガーディアンゴーレム1体が別途追加されたとしても、リノセウストップでリーサルをかけ続けることが可能です。

これらから、今回の場面での行動としては

森荒らし(レミラミ)→フェアリーアタック(ガーディアンゴーレム)→メイ→導き→メイ→フェアリーフェイス→ウォーターフェアリー

の方が優れた回答だったと言えそうです。
風神やシンシアの関係でテンポエルフは盤面と進化権で盤面を優先した方が打点が伸びるケースも多いのですが、今回のケースでは、進化権が2点追加以上の意味をあまり為していない場面だったと言えそうです。進化権の使い方も見直せる場面でしたね(汗

SNSでもご購読できます。