テンポエルフ対疾走ビショップのプレイング1

20161105_haishin3

上記画像は、テンポエルフでランクマを回す配信中に出くわした難しい場面です。
この場面の最善行動が何かについて考えてみたいと思います。
下に私なりの考察と回答を書きますので、自分で考えてみたい方は下をスクロールせず考えてみて頂ければと思います。

ちなみに相手は疾走ビショップで、自分はこちらのテンポエルフになります。相手の2ターン目の行動が願いへの教理だったので、2T時点で3コスト以上のカードで手札が埋まっていた可能性が高いことが解っています。
なお、画面から解る情報ですが、相手のライフは11、こちらは20。進化権は相手が1、こちらは2となっています。
それ以外の情報に関しては、重要だと思う情報は人それぞれ異なると思うので知りたい方はお手数ですが動画の方をご確認頂ければと思います。

プレイングの選択肢と検討

ここまでの行動から、相手の手札には高コストカードが多めにありそうなので、ガルラ、死の舞踏などのリスクは高めに見積もってよい場面だと考えられます。
相手のアミュレットの問題で、近い未来絶望的に盤面を取られることが見えているため、
・リノセウストップ期待無しでいけるか
・リノセウスを引けるまでの自ドロー数をどうすれば最大化出来るか
・リノセウスを引いた場合リーサル出来る場面をどう作るか
の3点が焦点となります。
リノセウストップ期待無しでいけるかを考えるとき、これだけアミュレットが並んでいれば行けるとすれば全力で顔だけ殴るプランかと思われますので、そこから考えたいと思います。

顔面しか見ないプラン

盤面の維持が絶望的な場面でまず最初に考えるプランです。
この場面では
風神→ウォーター進化フェイス→ウォーターフェイス
という行動になります。この場合、相手のライフは5まで減ります。
返しの相手の行動として濃厚なのはガルラの登場です。
盤面にこちらの風神を残していると確定リーサルなので、風神は必ず処理されます。
また、ウォーターフェアリーに関しても残しておくと風神、シンシア、リノセウスの全てでリーサルされるため、処理に充てられるでしょう。
この場合、マイニュ→進化ウォーター破棄、ホーリーファルコン(以降鷹)→ウォーター破棄、ガルラ(か虎)進化風神破壊、隼フェイスという動きが来るでしょう。
相手の盤面は6/4、3/3、4/4で翌ターン鷹と隼がある状況で、こちらのライフは14となります。
このままだと、相手の盤面から飛んでくる打点が18点なので、返しにリノセウスを引かなかった場合、6/4のカードを進化破棄することを強要されます。
相手の6/4を森荒らし+フェアリー進化などで割ればアミュレットが割れる動きにより自動的に盤面が埋まるため、新しくフォロワーを追加出来ない盤面になります。
この場合、受ける打点は12であり、デモンストライクを撃たれない限りリーサルはないでしょう。盤面にフォロワーを残すと死の舞踏でリーサルがあるので厳禁です。

この2ターン中に自然の導きによるドローも含めた3回のドローで1枚でもリノセウスを引ければ勝ちが取れるプランだと言えそうです。

相手の盤面を一掃しつつダメージを与えるプラン

まず、風神を使うプランと使わないプランがあります。
風神を使って一掃する場合、
風神→風神進化隼破壊→ウォーターマイニュ破壊→ウォーターフェイス(相手9点)
となります。
このプランは返しターンで高確率で出てくるであろうガルラによって盤面一掃されます。
そこから盤面を取り返すプランはないため、9点を削らないといけないのですが、相手の残りライフが9点あるので、リノセウスを引いてきても導き込みでないとリーサル出来ません。このため、導きの1ドロートップリノセウス期待が出来ないプランだと言え、選択肢から消えます。
このため、風神を使わないプランを採用することになります。
風神を使わないプランは
森荒らし(隼)→メイ→導き→メイ→ウォーター進化フェイス→ウォーターフェイス(相手7点)
という動きになります。
ガルラが登場した場合、相手の最大処理数は2体になるため、1/1を1体残してゲーム可能です。
この場合、こちらがシンシアを出し、2/1でフェイスを殴れば相手のライフを5点に落とせます。5点は自然の導き無しで進化無しリノセウスが叩き出せるダメージとして期待できる数字になります。この動きが成功すると、守りのために進化を使いやすくなります。こう考えると手札のシンシアが非常に強力です。
相手は残りライフ5の状態ではこちらの盤面の処理に大きくリソースを割くことを強要されますので、シンシア進化で相手進化カードを落とせば盤面に4体の的が残る有利な状態となりそうです。
この場合の想定展開は
5T返しでガルラ、鷹、虎と出てきて虎進化で進化ウォーター破壊、鷹でメイ破壊。(こちら17点)
6Tにシンシア進化で虎破壊。ウォーターが2/1でフェイス。相手盤面はガルラと獣姫、神鳥。(相手5点)
6T返しでシンシアを鷹で破壊。隼でウォーター破壊。相手がガルラを盤面に向けてくるかフェイスに向けてくるかは不明ですが、どちらの場合でも除去が無ければ受けとしてガブリエルが増えますし、7Tティアで相手からの打点を大きく減らせますので、死の舞踏無しなら恐らくリーサルなし、死の舞踏込みでも6T返しの相手の展開カード次第ぐらいにはなるでしょう。
このことから、こちらがリーサルまでに引けるカードの枚数は導き、6T、7T、8Tで4枚となる可能性が高いです。

一方で、このプランの裏目はエンジェルバレッジです。
5Tの返しでエンジェルバレッジを撃たれた場合、相手のライフが7点の状態でゲームが進むため、死の舞踏でも引かない限り進化を防御に使ってしまうと相手のライフをリノセウスで削り切れません。
この場合、
5T返しでバレッジ(ライフ19)
6T返しでアミュ全割れ(ライフ12)
7T返し相手側からのリーサル
という流れなります。この場合、導き込みでリノセウスドローチャンスは3回となり、リノセウス以外にも2コスト以下のカードを引いてないとリーサルをかけられないです。

私の回答とまとめ

これらから、私の出した回答は

森荒らし(隼)→メイ→導き→メイ→ウォーター進化フェイス→ウォーターフェイス(相手7点)

となります。ここまでの動きから相手の手札中にエンジェルバレッジが無さそうだと推測されるため、裏目を引く確率がそもそも低く、期待ドロー枚数がどちらかというと4枚寄りです。
実動画でもここまでのプレイは何とか選択出来ていましたが、そこからの動きでプレミをすることになったわけですけれどもw

SNSでもご購読できます。