手札上限9枚アプデ前最終環境とこれからの環境考察

さて、遂にXデーが来ましたね。
今行われているメンテナンスが明けると、

・ログインボーナスの追加
・デッキ編成数の増加
・手札上限を8枚から9枚に変更
・2Pickルームマッチ
・1日1回限定カードパック購入の更新時間を変更
・2Pickデッキ作成時の掲示カードの変更
・アリーナ(2Pick)の報酬変更

が実装されます。
アプデについて詳しくはこちらをご覧ください。

さて、このアプデにおいて、環境への影響を考えないといけないのは
・手札上限を8枚から9枚に変更
だと言えるでしょう。
この変更が環境にどう働くかを考える前に、まずは直前の環境を見てみましょう。

マスターランクにおけるリーダーの分布

2016年8月29日~メンテ前までのマスターランクのランクマッチにおける私の全対戦履歴は下記のようになりました。

総計 140戦
エルフ 32戦(22.9%)
ロイヤル 31戦(22.1%)
ドラゴン 30戦(21.4%)
ネクロ 27戦(19.3%)
ヴァンパイア 10戦(7.1%)
ビショップ 6戦(43%)
ウィッチ 4戦(2.9%)

エルフは冥府エルフが多かったのでしょうが、冥府への道で負けた記憶は少ないです。
最近の傾向はリノセウスに寄せた冥府への道2枚型が増えており、そもそも冥府が存在しないコンボエルフや、ランキング1位で有名になった白銀エルフなども数を増やしていそうです。型判別が困難なため、実際にどれに当たったかは少し謎ですw

ロイヤルはミッドレンジですが、未だに生き残っているロイヤルは気持ち悪い構築のものが多いです。
やたら激励の舞を使われましたし、アルビダ・乙姫混在型もよく目にしました。
最近のレシピ投稿を見る限り、4マナ帯5マナ帯での事故は切り捨てて最大パワーを取りに行く構築が増えているように思います。

ドラゴンはかなり数を落としているように見えます。
エルフ側が対応してきていること、ロイヤルにも不利がついていることから勝ちを稼ぎにくくなっているのが原因でしょうか。
また、数を増やしてきているアグロネクロにも不利がついており、環境的にはかなり向かい風だと言えます。
疾走ドラゴンを中心としてメタが回った結果、ドラゴンが押し潰される結果になっていると言えそうです。

ネクロは大きく割合を伸ばし、環境は4強環境と言っても良さそうです。
優勢なのはアグロネクロで、ドラゴン、エルフに有利をつけられることが台頭の要因だと言えるでしょう。
冥府寄りのエルフに対しては不利だと思いますが、ドラゴン対策でリノセウス寄りに構築しているエルフに対しては死の祝福が力を増しますので、そもそもの早いデッキである強みとリーサル拒否の力が合わさって有利がついているように思えます。

残り3リーダーに関してはサンプルも少ないですし、いつも通りという感じです。
ヴァンパイアはアグロ寄りの構築のものが多かったように感じました。

ビショップはネクロの台頭によりわずかに息を吹き返しているようです。
サタンドラゴンはなりを潜めているため、ドラゴンに対しても有利だとする言説がありましたが、どうなんでしょう。
少なくとも私自身はドラゴンでビショップには大幅に勝ち越していますが(汗

ウィッチは話題にはなっているものの遭遇件数は最低でした。
超越も冥府もいるという感じです。

アプデ後の環境は?

アプデの恩恵を最大限受けるクラスはウィッチとなります。
最近の一部有名プレイヤーのウィッチ使用は今日のアプデを見込んだものだと言えるでしょう。
使用率でいうと今も底辺そのもののようですが、上位陣のウィッチは現行環境で既に6割以上の勝率を叩き出している模様です。
明日以降、勝率は一桁パーセント改善する可能性があり、強いプレイヤーのウィッチはTier1級の勝率を叩き出す可能性は低くありません。
環境の中心になる確率は低いですが、無視できない勢力となる可能性はあるでしょう。

次に恩恵を受けるのはエルフだと言えます。
新たなる運命で引ける枚数が8枚に増えること、エンシェントエルフで今まで焼けるが故に出来なかった動きが出来ることなど、非常に追い風であると言えます。
現段階で最大勢力となっていますが、さらに増える可能性も高いと言えるでしょう。
間違いなく環境のトップとして、メタを牽引していくことになるでしょう。
ただし、根源への回帰によるドローロック発生条件が厳しくなることなどのデメリットは小さくない可能性もあります。

ヴァンパイアとビショップは多少恩恵は受けるでしょうが、冥府エルフがさらに強くなることで無理ゲーの数が増えることが予想され、ダークネス・エボルヴリリースまで辛酸を舐めることになるでしょう。

基本的には冥府エルフを中心としたメタ環境になることが予想されますが、手札上限が9になる影響がどれほどのものか、やってみないと測りきれないところが大きいですね。
…今の環境が既に冥府エルフを中心に回っており、さらに冥府エルフを許さない調整が施される程度で大きく環境に変化はないのではないかと実のところ思っていたりしますw

SNSでもご購読できます。