JCG OPEN vol20の環境分析

JCGは土日開催ですので、日曜分のJCGオープンvol20の全参加登録者全539名の登録リーダーを集計してみました。
土曜より日曜の方が登録者多いの意外でした。土曜は全473名でしたね。
以下、登録リーダー数の集計です。

1位 エルフ 259人(採用率48.05%)
2位 ビショップ 200人(採用率37.11%)
3位 ロイヤル 171人(採用率31.73%)
4位 ウィッチ 152人(採用率28.20%)
5位 ドラゴン 111人(採用率20.59%)
6位 ネクロ 93人(採用率17.25%)
7位 ヴァンプ 92人(採用率17.07%)

考察

前日のvol19の分布は

1位 エルフ 213人(採用率45.03%)
2位 ビショップ 185人(採用率39.11%)
3位 ロイヤル 143人(採用率30.23%)
4位 ウィッチ 131人(採用率27.70%)
5位 ドラゴン 100人(採用率21.14%)
6位 ネクロ 95人(採用率20.08%)
7位 ヴァンプ 79人(採用率16.70%)

でした。ほぼほぼ近しい分布だと言えますが、エルフの採用割合がさらに増えていますね。
テンポエルフ、冥府エルフ、薔薇エルフ、コンボエルフとある中でどんなエルフが最も人気があるのかはデッキリストが公開されるまで解りませんが、エルフが根強い人気であることは間違いないと言えそうです。
また、ネクロとヴァンパイアの人気の無さも概ね安定していると言えそうです。人気の無いリーダーでも2割近くは採用されている健全な環境ではあるのですが。

なお、採用率の分布を事前に見ていなかったので、採用対比で見た勝率を論じられないのですが、JCGオープンvol18では行われた全564試合中の勝ったリーダーを集計すると、

1位 ビショップ 155勝
2位 エルフ 146勝
3位 ウィッチ 83勝
4位 ロイヤル 60勝
5位 ドラゴン 58勝
6位 ヴァンプ 44勝
7位 ネクロ 18勝

という結果だったようです。
採用率が似たようなものだったとすると、ビショップとウィッチが採用対比の勝率でかなり強い結果になったと言えそうです。
一方でロイヤル、ネクロは採用対比で勝率が悪く、特にネクロは酷いと言えそう(汗

前回のJCGはテンポエルフ出来たてホヤホヤの環境だったため、現在の環境と同じデッキ分布だったとは考え難いですが、こうして見て行くと、強いデッキ、弱いデッキ、もしくは強い人が採用しがちなデッキ、弱い人が採用しがちなデッキというものが見えてきそうですね。

SNSでもご購読できます。