RAGE vol3 BO3戦略と反省会

昨日デッキ紹介をしましたが、私がRAGEに使用したデッキは

テンポエルフ
疾走ビショップ

だったわけですが、これらのデッキ構成に至るBO3戦略について話してみたいと思います。

BO3戦略基礎

BO3のルールについては触れるまでもないかもしれませんが、要するに2デッキ使って勝ち抜け負け残りで勝負することになります。
用意した2つのデッキ両方で先に勝ち抜けた方が勝ちというルールになります。

このルールにおいて、どのように2デッキを選出するかにおいては大きく3つの戦略が考えられ、それらは

1.強いデッキを上から2つ並べる
2.使用頻度の高そうな特定のデッキに強いデッキを2つ並べる
3.性質の異なるデッキを選ぶ

となります。これはぜろろ軍曹の虎の巻でも言われていた内容ですね。

1.強いデッキを上から2つ並べる

今回で言えば、冥府エルフ+疾走ビショップという組み合わせが典型的な組み合わせだったと言えます。
このような選択をするユーザが最も多いと言え、BO3の仮想敵であると言えるでしょう。
1.以外の戦略を取るユーザからすれば、仮想敵なわけでメタ中心ど真ん中を突き進むことになります。
また、大量にミラーも発生するわけなので、ずば抜けたプレイングスキルが無ければ1.の戦略だけで勝ち抜くというのは難しいです。

2.使用頻度の高そうな特定のデッキに強いデッキを2つ並べる

BO3慣れした人が良く取る戦略です。
今回で言えば、疾走ビショップと冥府エルフが多いことが解っていたので、

・エイラセラフ+超越ウィッチ(冥府エルフ封殺)
・ロイヤル(ミッド/御旗)+冥府エルフ(疾走ビショップ封殺)

などが中心として考えられていたように思います。
また、

御旗ロイヤル+アグロヴァンプ

という構成が見られましたが、これは疾走ビショップと、冥府エルフを封殺に来た超越ウィッチを封殺に来た面白い構成と言え、実際に結果を残していましたね。
大会全体を通して、疾走ビショップがアグロに弱いという認識が全体的に薄かったので、その盲点を突いた構成だったと言えるでしょう。

3.性質の異なるデッキを選ぶ

テンポエルフ+超越ウィッチなどがこれの典型と言えるでしょうか。
勝てる相手の違うデッキを2つ合わせて、選出の読み合いに勝利することで勝ちを手に入れようというハイリスクハイリターンの戦略と言えます。
ただ、相手の選出を読み損なうと頻繁に不利マッチが発生しますので、基本的には長丁場のトーナメントでは微妙な選択と言えるでしょう。

あるじの戦略

結局、私が取った戦略は1.と2.の混合戦略です。
2.の戦略に特化してピーキーな2デッキを選ぶと、特にday1でありそうなメタ外の構成を踏むと爆死するリスクが高いため、1.のような安定してどのデッキとも戦える要素が欲しかったということになります。

結局私は、環境に最も多い疾走ビショップに対して7割弱程度取れるだろうと推定した2デッキとしてテンポエルフと疾走ビショップ(メタ構築)を選択したわけです。メタ外の構成に対しても基本パワーの高い2デッキを選択しているため、明確なメタ構成の布陣を引かれない限りは勝率5割を切ることはないだろうと踏んでの構成ですね。

反省会

疾走ビショップを封殺するという目論見自体には概ね成功し、また、day1に当たった疾走ビショップを含まない構成に対してもデッキの地力で何とか切り抜けたのですが、予想外だったことが一つありました。それは、day2進出者の疾走ビショップ採用率が思ったより低いことでした。
JCGの決勝も疾走ビショップ祭りになっているため、調整の感想として「本当に強いリーダーはエルフ」という感想は抱いていたのですが(認識変えたのギリギリでしたけどorz)、数字を全信頼してday2でも疾走ビショップ祭りのイージーゲームを想定していたところ、実際にはエルフ祭りでした。
最終的に私に引導を渡した構成も、冥府エルフ+ミッドレンジロイヤルで、テンポエルフで早々に1勝したにも関わらず疾走ビショップが抜けられずに討ち死にという結果でした。
対冥府エルフの最低限のメタは施したとはいえ、特別有利なわけではなかったので敗戦。
ミッドレンジロイヤルに関しては、アグロ対策でプリズムプリーストを抜いている分通常の疾走ビショップよりも中期戦長期戦が薄くなっていたことが響いて序盤に強い動きが出来ないまま後半にもつれ込んでジリ貧負けという形でした。

あとは、私の構成では、自分の疾走ビショップを相手の疾走ビショップに当てるというのが最も勝率の高いマッチになる想定だったわけですが、冥府エルフ+疾走ビショップというテンプレ構成の相手が先に出してくるのは冥府エルフの可能性が高いわけです。
相手の冥府エルフに対して疾走ビショップを当てるのは有利なゲームではないため、初手冥府エルフ読みであれば私はテンポエルフを当てに行かざるを得ません。
ここで相手に裏をかかれて疾走ビショップを出されてしまった場合、テンポエルフ対疾走ビショップは有利マッチとはいえ負けるリスクが疾走ビショップミラーより高いわけで、ここで疾走ビショップに運悪く抜かれてしまうと自分の疾走ビショップが腐るという構成になっていました。
結果として、疾走ビショップの先抜けを許したゲームは存在しなかったのですが、これは構成上の欠陥だったと反省しています。

それもこれも、冥府エルフと疾走ビショップの相性をギリギリまで読み違えていたことが最大の要因だったわけですが(汗
冥府エルフよりも疾走ビショップの方が強いから、疾走ビショップが流行っている。
疾走ビショップの方が満遍なく強いから、先行選出は疾走ビショップが来る。
疾走ビショップをミラーで潰せば、残るはテンポエルフが2回中1回勝てば良いだけで、8割程度は抜ける。
こうゆうロジックで考えていたのですが、全崩壊したわけでw
ひたすらに相性誤認の重さを痛感する大会だったと言えそうです。

SNSでもご購読できます。