神々の騒乱の事前評価反省会

「過去に縋るものに未来は無い。
だが、過去を振り返らぬものにもより良い未来は無い。」

とそうゆうわけで、神々の騒乱環境の事前カード評価を反省して行こうと思います。
まぁ、反省とかそれ以前にそもそも私は並みいる考察者が軒並みS評価を付ける中、水竜神の巫女をB+評価したという戦犯考察を行ったという前科を作ってしまったので、まずはその弁明をさせてください(ぁ

神々の騒乱環境のカードプールに対する私の印象は「アグロ、コントロール、コンボのそれぞれにバランス良く強そうな新カードが出てるな」というものでした。
その中でも解りやすくパワーが高いと感じたのはアグロネクロ。あと、弱いわけがないと全幅の信頼を寄せていたのがアグロエルフでした。アリサちゃんは主人公なんだからサイゲが弱く作るわけないだろ、と。
環境はこれらからスタートするという読みをしていました。
これらのアグロデッキに強いのが、コントロールロイヤルやコントロールヴァンパイアなどのコントロールデッキとなります。コントロール重視の構築にはアグロを止めるだけの力がありそうでしたし、実際アグロを止める力「は」持っていました。
そして、これらのコントロールデッキに対しては超越ウィッチやランプドラゴンなどのデッキが強いことを想定していました。
ですが、これらの構築はデッキの性質上最初に流行るアグロを弱点としがちです。一度流行ったアグロは余程コントロール一色の環境にならない限り勢力をそこまで落とすことはなく、超越ウィッチが環境に関わらず常に一定の勢力を持っている都合などもあり、環境がコントロール一色になることはないと考えました。

このため、私は神々の騒乱環境は、

1.アグロデッキが栄える

2.アグロデッキを狩るコントロールが流行り始める(この辺りでRAGEが来る想定)

3.アグロは一定の勢力を保ち続ける一方で、強いプレイヤーはかなりコントロールを使っている状況になる。このため、一部招待制大会などではそれらを封殺する特殊構築が目立ち始める

4.その優勝構築の影響で特殊構築が増えることで、アグロがより一層勢いを得る

というような環境の遷移を思い描いていました。このため、最初から最後まで一貫してパワーを持つであろうアグロデッキと、それを封殺出来るコントロールデッキ用のカードの評価を高めに付け、特殊構築用のカードの評価は低めに付けました。
水竜神の巫女の強さに関しては、3点回復とフォロワー破壊による1ターンの延命がサハイスラなどによりクリティカルな延命になっていることにそもそも気付けていなかったという落ち度はあったのですが、そもそも水竜神の巫女が強くてバハムートが強い環境だったら、今回追加された面白そうなカード全部台無しじゃん。そんなふざけた調整するわけないでしょ。開発者の気持ちになって考えてみろよwwwというメタな読みがあったので、絶対にそんなに強いわけないと思っていました。

うん、全部台無しになった

結果、私が当初考えていたメタクロックなど全く動くことは無く、環境の最初から最後まで常に一貫してドラネクがTier1に居座り続けるというとっても歪な環境になりましたとさw
前回の大敗で私が得た教訓は、

1.開発チームを過信しないこと
2.ヤバいかもしれないカードに関してはヤバいのかヤバくないのかもっと本気で考えること

でした。
神々の騒乱環境に関する私の考察は全てアグロデッキがランプドラゴンに有利であることを前提に付けた評価だったので、デッキそのものが死滅して評価が失墜したカード群が山のようにあります。また、ランプドラゴンミラーで強いカードに関してはB+とかその辺の評価しか付けてないものが多かったのでそれも即死してます。
とはいえ、アグロネクロは当初の予想通り強かったですので、予想は半壊で済みました。そんな半壊した私の予想ですが、それが他のサイトの評価と比べてどうだったのかを見ていきたいと思います。

それでは、評価の差が大きかったカードから明確に話が出来そうなものを1枚ずつ見て行こうと思います。

ビートルウォーリア

GAME BOX S
GameAI 5(S相当)
GameWith C
アルテマ A

はい、GameWith圧勝でした。自分の中では最高評価のカードの1枚だったのですが、まさかのアグロエルフ弱かったからねorz
私は「このカードで弱いんだったら新弾環境エルフ終わったでしょって思うぐらいには期待しているカード」と評しましたが、はい、エルフ終わりましたΩ\ζ°)チーン
白狼エルフとかOTKエルフとかちょいちょい結果残してましたが、初見殺し性とかで頑張ってただけだと思います。あぁ、アグロエルフも初日6割ぐらいは何とか勝ててましたよ(棒読み
結局どのぐらいの評価だったかと言われるとB+ってとこですかね。

骨の貴公子

GAME BOX S
GameAI 4(A相当)
GameWith B
アルテマ B

あるじ「環境次第ではTier1の中枢を担う可能性も低くないと思っているので、ドヤの準備をしたいところです。」

どやぁ( ・´ー・`)

はい、骨の貴公子きっちり読み切りました。水竜神の巫女大幅外しで死に掛けてましたが、神々の騒乱環境の事前評価の私の数少ないホームランだと思います。
これ以外にもちょいちょいいい読みしてるカードがあるんですが、大きいのはこれぐらいかな…orz
当時の強豪プレイヤーの考察比較を見てもこれにS付けてるのは私とぱんださんだけだったので、結構鋭い読みだったと思います。
なお、強豪プレイヤー考察比較のMVPは全体を色々見た感じゲキカラさんかなって思いました。

黒死の仮面

GAME BOX S
GameAI 3(B相当)
GameWith C
アルテマ S

黒死の仮面については評価が難しく感じます。
私はコントロールヴァンプに積んでいますし、一部のユーザは強さに気付いている感じがあるものの、イマイチその強さが知れ渡ってない感じです。
ただ、私は大事なものを目撃しました。
こちら、何のデッキだかお分かり頂けますでしょうか。
そう、レート14位のアツシ/LoSさんがRatings杯で実際に使ったデッキですね。黒死の仮面が採用されていること、ご確認頂けますでしょうか。
っというわけで、私の独りよがりというわけではなく、ちゃんと実力のあるプレイヤーが本気で採用するカードなんですよ。流石にA評価はあると思います。
正直、現行環境でコントロールヴァンパイアに積まないのはあり得ないと思っているので、個人的にはS寄りだと断言したいんですが、これに関しては使われる側の評価をしたGAME BOX、アルテマの勝利だと思ってます。

ルミナスメイジ

GAME BOX S
GameAI 4(A相当)
GameWith B
アルテマ B

ごめん、ミッドレンジロイヤルの話はしたくない(ぁ
これに関しては低めに評価をつけたGameWith、アルテマの勝ちだと言いたいところですが、このカード、ロイヤルというデッキタイプ内では非常に良く採用されていますね。これよりもガウェインを強く付けている時点でロイヤル内での相対評価としてはむしろ評価ミスをしているわけなので、間違えまくったあげく結果的に偶然一致しただけじゃんってことで評価者全敗と考えるのが適切でしょう。
当時、一貫してミッドレンジロイヤルを低めに評価した人は証拠付きならドヤってくださいw

夜の魔術師

GAME BOX S
GameAI 3(B相当)
GameWith B
アルテマ A

土ウィッチなんて無かった。いいね?
土ウィッチというデッキタイプがまともに陽の目をみることがナーフ後ですらなかったため、土ウィッチ内でなら必須だったのかどうかすら定かではありません。
土ウィッチ内ではそこそこ強く採用されるとすればA評価、そうでもないならB評価といったところだと思います。
魔導の巨兵はS評価付けてたんだから一貫性で全滅だろって言いたいところですが、私が土ウィッチを他のサイトに比べて過大評価していたのは明白で、これに関しては私の一人負けと言っていいでしょう。つらたん。

ヘヴンリーイージス

GAME BOX S
GameAI 3(B相当)
GameWith S
アルテマ B

ナーフ前環境でもイージスビショップは第三勢力として力を持っていたので、これに関してはSをつけたGAME BOX、GameWithの勝利と言えるでしょう。
今から考えると信じがたいですが、意外と低い評価付けられてたんですね、こいつw

ジャングルの守護者

GAME BOX S
GameAI 2(C相当)
GameWith A
アルテマ B

このカードも割れてたんですね。OTKエルフのリーサル準備カード兼体力5の守護として活躍していました。
OTKエルフ自体がそこそこのデッキだったので、流石にSは過大評価ということで、これはGameWithのA評価が最もバランスが良く、勝利していると言えるでしょう。

旅ガエル

GAME BOX S
GameAI 3(B相当)
GameWith B
アルテマ B

S評価というのは若干過大評価感がありますが、ドラネクの次にビショヴァンプが来て、その次ぐらいに来るメジャーデッキ群のキーカードなわけですから、甘めの評価ならS、厳しくつけてもA以上では評価すべきカードだと言えるでしょう。
このカードは評価割れるだろうと思っていましたが、実際には割れたのではなく私だけが異様に評価を高くつけていた模様で、強豪プレイヤー評価一覧でも旅ガエルの平均評価は1点台と酷いことになっています。
アグロ寄りのロイヤルに対する過大評価が無ければA評価ジャストで当てられていただろうなという幾許かの残念さはありますが、これ当てたのはちょっと褒めて欲しいです。かなり危ない橋渡った評価だったのでww

マジカルガール・メルヴィ

GAME BOX S
GameAI 4(A相当)
GameWith C
アルテマ その他(C以下)

土ウィッチが陽の目を見なかったので(ry
一応、メルヴィから巨兵出して変異の雷撃に繋ぐ一連のリーサルの流れは相当強いです。
最高時速のドラゴンにバハムートで処理されたり、ビショップにテミスの審判されたりするのでアレですが(
今評価を付けるとしたらBかAのどちらかだと思われ、どこの評価が正しかったか判定するのは難しいところですが、強いて言うならGameAIじゃないかなぁ、とは思います。
まぁ、少なくともS付けて秘術ウィッチ過大評価してた私は外してますorz

ゴブリンプリンセス

GAME BOX S
GameAI 3(B相当)
GameWith B
アルテマ B

ミッドレンジネクロの主要なカスタマイズカードの一つとして使われていますね。
このカードが強いことを読んでいたのは「あるじ、よくやった」という感じですが、S評価は幾分高く付け過ぎましたね。
アグロの過大評価が無ければジャストA評価で当てられていたと思います。ぐやじいでず。
評価の方向性としては鋭かったと思うのですが、結果的にはドローといったところかなと思います。

大鎌の竜騎

GAME BOX A
GameAI 2(C相当)
GameWith C
アルテマ -(無いっぽい)

これは完璧だったのではないでしょうか。強豪プレイヤー比較でも大鎌の竜騎は評価高く付けている人が少なかったですね。
まぁ、ランプドラゴンミラーで強いことが今採用されている主要因ですが、それを正しく読めていたわけでは全く無かったので、ちょっと偶然当たってた感が否めないところが強いですねぇ。

均衡の大梟

GAME BOX A
GameAI 2(C相当)
GameWith C
アルテマ -(無いっぽい)

完全に外しましたΩ\ζ°)チーン
フェイスドラゴンを評価していたので、託宣大梟という勝ち筋が出来ることでさらに強くなるというのが評価の根拠でした。
現実は水竜神の巫女強すぎてフェイスドラゴンではリーサルまで辿り着けなくなってました。

変異の雷撃

GAME BOX A
GameAI 2(C相当)
GameWith B
アルテマ B

ここ最近ドロシーウィッチにかなり投入されているのを見かけますね。
早めの秘術ウィッチを過大評価していたせいで全体的にウィッチのカードは過大評価気味になってますが、このカードのパワーへの読みはよく出来ていたと思います。
ただ、ナーフ前環境ではウィッチ息してなかったので、これもB評価が適切だったかもしれません。
ただし、魔導の巨兵にS評価を付けているならこのカードの評価はA評価以上でなければ一貫性の無い評価だったと言え、私の評価より的を外した評価だと言えるでしょう。

魔法図書館

GAME BOX A
GameAI 4(A相当)
GameWith C
アルテマ B

超越ウィッチに入っていたり入っていなかったりしていると思います。
A評価とするには入っていない構築がちょっと多いので、ナーフ前環境であまり息をしていなかったことも踏まえてB評価のアルテマさんが適切な評価だったかなと思います。

死月の使徒

GAME BOX A
GameAI 3(B相当)
GameWith C
アルテマ -(無いっぽい)

スケルトンファイターの方が強かったですorz
そもそも、守護でアグロを耐える環境にならなかったですね。アグロもフォロワー残してヘクターで詰めるプランを普通に選ぶようになると思ってなかったです。

カオスシップ

GAME BOX A
GameAI 4(A相当)
GameWith C
アルテマ A

これはGameWithの一人負けでしたね。かなりアグレッシブな読みをしていたと感じましたが、アグレッシブな読みは外すと痛いですw
でもアグレッシブな読みが無い評価なんて読んでても楽しくないと思うので今後もアグレッシブな読みをして欲しいですね。

水竜神の巫女

GAME BOX B+
GameAI 5(S相当)
GameWith S
アルテマ S

黒歴史。
てか、水竜神の巫女強いと思ってたんならローランの評価とかB以下にすべきだろとか、魔導の巨兵Sは無いだろとか何とか色々と思わなくもないですが、そんなに完璧に当てられたら立ち直れない気もするので詰めの甘い評価にむしろ感謝すべきかもしれません(ぁ
ライトニングブラストのナーフなども含めて、このカードの強さは開発的にも予想を超えてたんじゃないかと推測しています。ワンダーランド・ドリームズで物凄いインフレが起きるのはこいつをナーフせずにランプドラゴンの地位を落とすためなんじゃないかと密かに邪推してたりw

ウロボロス

GAME BOX B+
GameAI 5(S相当)
GameWith A
アルテマ B

こちら、GameAI一人勝ちですね。私は水竜神の巫女を弱く付けてたので、一貫性の呪縛で即死Ω\ζ°)チーン
でも水竜神の巫女高く付けてても当時の肌感思い出すとA評価だっただろうなぁ。
ウロボロスにS付けてた人は強豪プレイヤー比較でもゲキカラさんしかいなかったですし、これはGameAIさんの会心の評価だったと言えそうです。

フェアリーケージ

GAME BOX B+
GameAI 1(D相当)
GameWith D
アルテマ その他(C以下)

Ω\ζ°)チーン

出した瞬間にフェアリーが手札に入らないのは誤算でした。
ただ、アグロエルフ弱かったので、その誤算は誤差です。
また、ランプドラゴンが弱い前提で価値を見出していたカードなので、その点もオワコンでした。イスラーフィールが出てくるタイミングと欲しいタイミングがほぼ被るっていう(

学院の新入生・ルゥ

GAME BOX B+
GameAI 5(S相当)
GameWith C
アルテマ A

これ、B+評価で完璧だったと思います。超越にちょいちょい入れてる人いますよね。
GameAIのS評価は本当にアグレッシブでしたね。ランプドラゴンの評価を高く付けていたので、それに対抗する超越ウィッチを高く付けていて、その中でも強いと判断したのではないかと予想します。
B評価を当てるって地味なんですが、結構評価割れてたカードなので、ここのB評価当てられたのは個人的にはスマッシュヒット。

イスラーフィール

GAME BOX B+
GameAI 4(A相当)
GameWith A
アルテマ S

ランプドラゴンの呪いΩ\ζ°)チーン
一人負けですorz

穢れた聖杯

GAME BOX B-
GameAI 4(A相当)
GameWith C
アルテマ その他(C以下)

これはGameAIの一人負けかなと思います。おもちゃ以外のデッキコンセプトになるパワーは結局無かったですね。

キマイラ

GAME BOX C
GameAI 4(A相当)
GameWith C
アルテマ B

実際問題ほとんど見ないですし、「キマイラ入り超越?( ゚Д゚)ハァ?」みたいな空気はありますが、一部で強いんじゃないかって言われてますね。
空気感はCに近い気がしますが、実際に入れて回している人がいる点ではB。超越の専門家が真面目に入れているケースが存在という意味ではAという考え方も出来ます。
自分の中ではCってイメージなんですが、本当にC扱いで良いのか怪しさもあるので勝負ドローとしたいです。

激震のオーガ

GAME BOX C
GameAI 3(B相当)
GameWith A
アルテマ B

採用率だけ考えればGAME BOXのC評価で合ってる、勝った!って言いたいところですが、ここだけの話、RAGE前にクソ真面目に激震のオーガの可能性を検討してました。
ネクロの死の祝福を割りに行けてナーフ前ゼルとシナジーするカードだったことがあり、このカードは少なく見積もってもB以上の価値がありました。
ぶっちゃけ一人負けだと思いますΩ\ζ°)チーン
ランプドラゴンの(ry

黄金都市の姫・リテュエル

GAME BOX C
GameAI 4(A相当)
GameWith D
アルテマ A

どんなに高く見積もってもBでしょう。多分C評価が最も適切だと思います。
これはGAME BOX、GameWithの勝ちと言って良いでしょう。

ジョリー・ロジャー

GAME BOX D
GameAI 1(D相当)
GameWith B
アルテマ D

さすゴミ。

フロッグバット

GAME BOX D
GameAI 1(D相当)
GameWith D
アルテマ B

さすゴミ。

総評

さぁ、お前の罪を数えろ、ということで、私の功罪を総括するとこんな感じです。

良かったところ

骨の貴公子S評価をきっちり当てたところ
旅ガエルを評価していたところ
ヘブンリーイージスを評価していたところ

悪かった酷かったところ

ランプドラゴンの超過小評価(死屍累々)
アグロエルフの超過大評価
アグロ秘術ウィッチの超過大評価
フェイスドラゴンの過大評価

全体的に

…はい、ランプドラゴンとアグロ系のデッキの相性を真逆で捉えたので本当に死屍累々という感じでした。
途中から反省してて辛くなりましたorz

なお、大体みんな死んでたのは

・魔導の巨兵過大評価
・ガウェイン過大評価
・風読みの少年ゼル過小評価
・魔将軍・ヘクター過小評価

のあたりですね。魔将軍・ヘクターに関してはS付けてたサイトあるかもしれないです。全サイトA以上は付けてたと思うのですが、SとAでこんなに差が付くと思っていなかったので、履歴残してなかったんですよね(汗
今回以降の比較考察ではSとAで付いているものはもう少し見て良さそうです。逆にB以下で差が付いているものに関してはそんなに真面目に見る意味ないかもw

まぁ、何と言いますか、Tier1になるデッキの評価を低く付けるとここまでガラガラと崩れるかって感じでした。
一番強いデッキを一番強いと読み切るところには失敗するかもしれないですが、一番強いデッキを弱いって判定するとマジで死ぬので、そうゆう憤死の仕方はしないよう脳内シミュレーションをもっと真面目にやるように心がけます。
ワンダーランド・ドリームズの評価に関しては、全カード終えて今アップ待ちです。全カード出終えた今見直すところもあるので、色々と変わると思いますが、現在はこんな感じの評価を付けて行ってます。
今回は反省を踏まえて先入観を排除、強いかもしれないカードに関しては前回以上に真面目に考察をしているので、環境の終わりに笑いたいものです。

SNSでもご購読できます。